ニュースリリース

トップページ > ニュースリリース > 年度インフォメーション

年度インフォメーション

2017.04.20
株式会社クリーク・アンド・リバー社

Architect's magazine [アーキテクツマガジン] vol.18発刊
東京スカイツリーなど多数のランドマークを手掛ける建築家 亀井忠夫氏を特集

当社のアーキテクト・エージェンシーは、建築業界のヒューマンドキュメント誌『Architect's magazine [アーキテクツマガジン] vol.18』を発刊いたしました。
 
本号では、日本最大、世界第2位の規模を誇る設計事務所・日建設計を統括する亀井忠夫氏を特集いたしました。現場を重んじながら組織の活性化に尽力し、海外活動の拡充にも精力的に取り組む亀井氏の姿は敏腕経営者そのもの。一方で社会環境づくりを大切にし「より美しい環境デザイン」にこだわり抜いて作り上げた建造物の話となると表情は一変、建築家としての顔をみせます。

社長業を行いながら、一人の建築家として現場にも立つ亀井氏は、対極にあるようにみえる二つの生業に対して「経営と現場は対であり、両輪である」と語ってくださいました。「人や社会を広く見据えられるような建築家でありたい」、その強い想いが原動力となり、経営と現場の両輪を動かし続ける亀井氏の素顔に迫ったインタビューとなっております。
 
その他、建築や不動産に精通するプロ集団が“施設参謀”としてマネジメントに徹する株式会社山下ピー・エム・コンサルタンツや、次世代を担う建築家・松島潤平氏のインタビュー、屋上菜園付きテラスハウス「菜園長屋」のスペシャルレポートなど、様々な角度から建築業界をご紹介しております。
 
=========================================
Architect's magazine [アーキテクツマガジン] vol.18
=========================================

archi18.gif

[建築家の肖像]
株式会社日建設計 代表取締役社長
亀井忠夫
 
[Architect's Opinion]
東北大学大学院工学研究科 教授
建築史・建築評論家
五十嵐 太郎
 
[事務所探訪]
山下ピー・エム・コンサルタンツ
シーラカンスK&H
 
[新進気鋭]
JP architects
松島潤平
 
[Special Report]
クリーク・アンド・リバー社 建築事業部
プロデュースチームの取り組み
菜園長屋
             
=========================================             
判型:変型A4版
定価:515円(本体477円)
編集・発行/株式会社クリーク・アンド・リバー社
      『Architect's magazine』編集部
発行人/井川幸広 
編集人/日高浩一
=========================================
 
本マガジンは季刊発行で建設会社・設計事務所などの建築関連企業各部署や学校法人、一般事業会社、公的機関などに向けて15,000部を発行するほか、http://www.arc-agency.jp/magazineにてバックナンバーも公開しております。
 
 
【購読のお申し込み】
株式式会社クリーク・アンド・リバー社 
『Architect's magazine』編集部
フリーコール:0800-170-0091
建築エージェンシーWebサイト:http://www.arc-agency.jp/
 
この件に関するお問い合わせ
株式会社クリーク・アンド・リバー社
経営企画部 TEL:03-4550-0008



 
この件に関するお問い合わせ

株式会社クリーク・アンド・リバー社

経営企画部 TEL:03-4550-0008

このページを印刷する