ニュースリリース

トップページ > ニュースリリース > 年度インフォメーション

年度インフォメーション

2017.12.06
株式会社クリーク・アンド・リバー社

クリエイティブのチカラで社会課題の解決に立ち向かう!
ワークショップデザイナー・タキザワケイタ氏にインタビュー

当社が運営するCREATIVE VILLAGEのインタビューコーナーにて、ワークショップデザイナーのタキザワケイタさんにインタビューを行いました。
 
建築を学び、建築家としてキャリアをスタートした後に、「ワークショップデザイナー」としての活動を広げていったタキザワさん。それがご自身の転換点だったと言い、領域に捉われずに社会に対して新しい価値を提供していくというスタンスが、『アンドハンド』プロジェクトという福祉へのアプローチにつながりました。
 
ワークショップデザイナーという肩書に縛られず、自由に発想の翼を広げて活躍するタキザワさんに様々なお話を伺いました。是非、ご一読ください。
 
 
●社会課題をクリエイティブにアプローチする―ワークショップデザイナー・タキザワケイタが実践するモノづくり
・「やさしさから やさしさが生まれる社会」の実現を目指した『アンドハンド』プロジェクト
・社会的課題にアプローチするモノやコトをファシリテートする
・ワークショップを「イベント化」せず日常に定着させる取り組み
・“ワクワク”のアンテナを張りながら、社会のニーズに自分のテーマを乗せて、より良い社会をつくる
 
 
▼インタビューはこちらをご覧ください
 
 
■タキザワ ケイタ/ワークショップデザイナー・クリエイティブファシリテーター

takizawa_profile.png

千葉工業大学 工業デザイン学科を卒業後、建築設計事務所、企画会社を経て、2013 年 大手広告代理店へ。 新規事業・商品開発・ブランディング・人材育成・組織開発など、大手企業が抱えるさまざまな課題の解決に向け、ワークショップを実践している。
LINE「LINE BOT AWARDS」グランプリ受賞。Google「Android Experiments OBJECT」2作品グランプリ受賞。宣伝会議「販促企画コンペ」グランプリ受賞。
青山学院大学 ワークショップデザイナー育成プログラム講師・LEGO® SERIOUS 




 
この件に関するお問い合わせ

株式会社クリーク・アンド・リバー社

経営企画部 TEL:03-4550-0008

このページを印刷する