ニュースリリース

トップページ > ニュースリリース > 年度インフォメーション

年度インフォメーション

2018.07.12
株式会社クリーク・アンド・リバー社

世界最大級の動画配信サービス「Netflix」
コンテンツマネージャー・坂本和隆さんにインタビュー

当社が運営するクリエイターのための情報サイト「CREATIVE VILLAGE」で、Netflix Japanのコンテンツマネージャーを務める坂本和隆さんにインタビューを行いました。
 
世界190カ国以上で約1億2500万人のメンバーシップを有する、世界最大級の動画配信サービス「Netflix」。日本でも2015年にスタート以降、あっという間に世間に浸透しています。坂本さんは、当初より日本のオリジナルコンテンツ制作に携わり、数々のヒット作を生み出してきています。今回は、Netflixの特徴や独自の制作手法など、「全世界配信」ということを踏まえた上で制作する醍醐味について伺いました。是非、ご一読ください。
 
●データだけでなく、クリエイターの情熱を大切にした作品制作「Netflix」が徹底して追求していることとは? コンテンツマネージャー・坂本和隆さんインタビュー
・配信ならではの強みをトコトン生かして、クオリティを担保する
・徹底的に議論した後はクリエイターを信じる
・ヒットの法則よりも情熱を大事にしたい
 
▼インタビューはこちらをご覧ください
 
 
■坂本 和隆(さかもと・かずたか)

sakamoto_interview.jpg

映画、ドラマにおける国際共同製作の現場を経て、2015年のNetflix Japan 日本進出後、入社。
Netflixでは、日本のオリジナル作品のクリエイティブを担当。(現在は実写オリジナルのみ)
主な作品、『火花』『深夜食堂:Tokyo Stories』『僕だけがいない街』『BLAME!』『DEVILMAN Crybaby』『B: the beginning』『アグレッシブ烈子』などNetflix Originalとして190ヶ国に配信。




 
この件に関するお問い合わせ

株式会社クリーク・アンド・リバー社

経営企画部 TEL:03-4550-0008

このページを印刷する