ニュースリリース

トップページ > ニュースリリース > 年度プレスリリース

年度プレスリリース

2017.02.17
株式会社クリーク・アンド・リバー社
印刷用PDF
239.7KB

藤原新也の最高傑作『大鮃 -おひょう-』を配信開始!!
~iBooks限定特典の完全撮り下ろしフォトムービー『ORKNEY』付~

当社は、写真・文筆・絵とさまざまなかたちをとりながら、常に社会に対して鋭い視点を投げかける藤原新也氏の10年ぶりの書き下ろし小説『大鮃 –おひょう–』(出版社:三五館)の電子書籍を制作し、この度、iBooksより配信が開始されました。
 
 
『大鮃 –おひょう–*』は、現代の多くの青年が課題を抱える「父性の喪失」をテーマに書かれた小説です。幼い頃に父を亡くした主人公・太古。バーチャルな世界に「強さ」を求めるネットゲーム依存症の青年です。ある日、太古はカウンセリングを担当する精神科医から父の出身地への旅を勧められ、言われるがまま、スコットランド最北端のオークニー諸島へ。そこで出会った老ガイドは、太古をオークニーの諸所の遺跡へといざないます。果たして太古はリアルな世界で「父性」を獲得することができるのか…。常に家族と“青年の生き方”に向かい合ってきた「藤原文学」の最高傑作を電子書籍でお届けいたします。
 
iBooks版『大鮃 –おひょう–』には、特典として藤原氏がオークニー諸島を訪れた際に撮り下ろした写真、そして藤原氏が歌うアイルランド民謡「ダニーボーイ」が収録されたフォトムービーがついてきます。藤原氏はこれまで『印度放浪』や『メメント・モリ』など、写真とエッセイを組み合わせた作品を多数発表し、1978年に発表した『逍遙游記』では、優れた成果を挙げた新人写真家に贈られる「木村伊兵衛写真賞」を受賞した、日本を代表する写真家の一人でもあります。このフォトムービーでは、まさに『大鮃 –おひょう–』の舞台となるオークニーの風景を藤原氏が自ら切り取りました。オークニーの牧歌的な雰囲気や大自然の雄大さを表現したフォトムービーと一緒に小説を読めば、『大鮃 –おひょう–』の世界をより臨場感をもってお楽しみいただけます。フォトムービーの特典付き電子版『大鮃 –おひょう–』は、iBooks限定でご購入いただけます。
 
*大鮃(おひょう)とは…体長1メートルを超す大型の海水魚。形状・生体はカレイに近い。大きいものでは、体長3メートル体重200キロを超すものもある。
 
 
    電子書籍 『大鮃 –おひょう』  概要    
 
「しかし死の扉の前に立つ老いの季節は、絶望の季節ではありません。 落葉もまた花と同じように美しいものです」

 
現代社会の情報の海に溺れ、失われつつある真の青年期。そして老年期。
そのふたつが最北の海に出会う、奇跡の一日を描いた物語。
父なき時代の「青年の絶望」とは? そして「老いの豊かさ」とは?
 
つねに同時代を生き、洞察し、リードしてきた著者による人生賛歌、最高傑作の誕生!
 

ohyou.jpg

【書籍情報】
タイトル: 大鮃 –おひょう–
著者:藤原新也
頁数:272ページ
出版社:三五館
取扱書店:iBooks

 
【藤原新也 プロフィール】
1944年、福岡県生まれ。写真家・作家。東京芸術大学油絵科中退。インドを振り出しにアジア各地を旅して『印度放浪』『全東洋街道』などを著す。その他の主な著書に、『東京漂流』『メメント・モリ』『渋谷』『黄泉の犬』『コスモスの影にはいつも誰かが隠れている』など多数。
 
▼藤原新也オフィシャルWebマガジン「Cat Walk」
 http://www.fujiwarashinya.com/about_catwalk.html
 
【「Cat Walk」について】
ブログの他、「Cat Walk」独自取材の旅行記(浮雲旅シリーズ)、「藤原新也のこの一枚」による写真教室、藤原新也の写真を網羅する「ギャラリー」、「写真コンテストとその講評」、「メメント・モリ動画」、「自叙伝小説」、タイムリーな「インタビュー動画」、「読者投稿」、会員との交流をはかる「OFF会」、藤原新也の著作が読める「ライブラリー」などさまざまなコンテンツがラインナップされています。

▼藤原新也 『大鮃 –おひょう』 iBooks
https://itunes.apple.com/jp/book/id1203173946





 
この件に関するお問い合わせ

株式会社クリーク・アンド・リバー社

経営企画部 TEL:03-4550-0008

このページを印刷する