ニュースリリース

トップページ > ニュースリリース > 年度プレスリリース

年度プレスリリース

2017.05.10
株式会社クリーク・アンド・リバー社
印刷用PDF
258.6KB

理化学研究所と共催 
科学技術系オープンソースと、深層学習を学ぶ

当社のIT分野の子会社 株式会社リーディング・エッジ社(以下LE社)は、理化学研究所 革新知能統合研究センター(理研AIP)と、5月19日(金)、東京・日本橋にて科学技術系のオープンソースソフトウェア(OSS)(*1)のパッケージ開発について議論する「Stapy×理研AIP オープンソース研究会」を開催いたします。
 
当日は、プログラム開発言語Python(パイソン)の科学技術系OSSパッケージである「Pandas(パンダス)」や「Chainer(チェイナー)」の開発者も参加し、OSS開発の現状と課題について話し合うほか、人工知能(AI)の一つである深層学習(ディープラーニング)開発について語るセッションも用意しております。
 
2020年度には、国内だけで1兆円規模を超えると言われているAIビジネス市場(*2)は、世界では2025年に317兆円超の市場になるという予測(*3)もあるほど、急成長が見込まれております。そのような中、その簡便性と開発スピードの速さから、 AI開発で主流となっている言語Pythonの活用方法は、技術者や経営者の間で大変注目されております。
 
本研究会は、Pythonを主としてプログラミングやソフトウェア技術について学ぶ、プログラマーやエンジニアなど2,000名以上が参画しているコミュニティ「Start Python Club (略:Stapy)」を母体として開催いたします。「Python」「機械学習」「深層学習」「データ分析」の最先端が学べる研究会は、ITエンジニアにとっては必見の内容となります。
 
当社及びLE社は、AIエンジニアだけでなく、クリエイティブ分野のプロフェッショナルなどが世界で活躍できる環境を整備し、理念である「プロフェッショナルの生涯価値の向上」と「クライアントの価値創造への貢献」への取り組みを続けてまいります。

 
 「Stapy × 理研AIP オープンソース研究会」 概要 

le_python.png◆セッションタイトル
「ODSC East 2017 Report」
阿久津 剛史氏 (Start Python Club)
 
「理研AIPの研究者とエンジニアの皆様との連携について」
津田宏治氏(理研AIP 分子情報科学チームリーダー/東京大学教授)
 
「pandasでのOSSコミュニティ活動事例」
堀越真映氏 (ARISE analytics)
 
「深層学習フレームワーク概要とChainerの事例紹介」
大野健太氏 (プリファードネットワークス)
 
◆日時
2017月5月19日(金) 19:00~22:00 ※受付開始 18:30
<研究会 19:00~21:00 / 懇親会 21:00~22:00>
 
◆会場
理化学研究所 革新知能統合研究センター
東京都中央区日本橋1-4-1  日本橋一丁目三井ビルディング 15階
 
◆参加費
2,000円(税込)
 
◆対象者
OSS開発に関心のある方/プログラミングに関心のある方
 
◆主催
株式会社リーディング・エッジ社
 
◆共催
理化学研究所 革新知能統合研究センター (AIP)
 
▼詳細・お申し込み ※参加抽選 5月12日(金)

 
*1:ソースコード(プログラムの基となる文字列)が誰でも利用可能で、著作権者が学習、変更、配布するための権利を提供するというライセンスに基づいた、コンピュータープログラムのこと。
*2:株式会社富士キメラ総研発表の、2016年11月28日の調査結果より。AIビジネスの国内市場は2015年度は1,500億円、2020度には
1兆20億円、2030年度には2015年度比14.1倍の2兆1,200億円にまで拡大すると予測。
*3:一般社団法人 電子情報技術産業協会(JEITA)が2016年12月21日に発表した調査結果より。2025年の「ロボット」と「AI」の世界市場動向を調査。AI市場は317兆8,500億円まで達し、AI搭載のロボット市場は130兆4,000億円になると予測。
 


■株式会社リーディング・エッジ社 概要
社  名:株式会社リーディング・エッジ社
本  社:東京都千代田区麹町3‐6 住友不動産麹町ビル3号館4F
設  立:2000年7月
代 表 者:代表取締役社長 星野直彦
事業説明:ITエンジニアの支援・育成、ソフト開発、ネットワーク設計、構築及び保守運用をはじめ、Python技術者育成
       のための勉強会開催のほか、一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会にも協賛会社として参加している。



 
この件に関するお問い合わせ

株式会社クリーク・アンド・リバー社

経営企画部 TEL:03-4550-0008

このページを印刷する