ニュースリリース

トップページ > ニュースリリース > 年度プレスリリース

年度プレスリリース

2017.07.15
株式会社クリーク・アンド・リバー社
印刷用PDF
218.7KB

7/16(日)テレメンタリー2017「東京の"限界集落"~在宅療養の最前線~」
テレビ朝日系列全国ネットで放送

当社が制作協力を行なったテレメンタリ-2017「東京の“限界集落”~在宅療養の最前線~」(制作:テレビ朝日)が、7月16日(日)4:30よりテレビ朝日系列全国ネットで放送されます。
 
この番組は、高齢化率45%を超えた東京・板橋区にある巨大団地群、高島平団地に住む高齢者と、その地域で多くの高齢者と向き合う医師や介護士、ボランティアなど、地域包括ケアに取り組む人々を取材したドキュメンタリー番組です。昭和40年代に建設され、理想の住まいとして当時約3万人が移り住んだ高島平団地。建設から半世紀が経ち、住人の45%以上が65歳以上の高齢者という、まさに“限界集落”と呼ぶに近しい状況を迎えています。高齢者が抱える問題に対してどのように向き合っているのか…。是非、ご覧ください。
 
==========================================
テレメンタリー2017 「東京の“限界集落”~在宅療養の最前線~」概要
==========================================
telementary2017.png

■日時(テレビ朝日関東広域圏)
2017年7月16日(日) 放送 早朝 4:30~5:00
*放送局により放送時間が異なります
 
■放送局
テレビ朝日系列全国ネット
 
▼テレメンタリ-2017 番組ページ
 
語り:佐分千恵
構成:坂口香津美
ディレクター:坂本茂敏
プロデューサー:東卓夫、中島晃
制作協力:クリーク・アンド・リバー社
制作著作:テレビ朝日
 
【番組内容】
東京・板橋区にある巨大団地群、高島平団地。理想の住まいとして当時3万人が移り住んだが、建設から半世紀が経ち、現在は高齢化率45%以上、東京の“限界集落”となっている。この団地に住む高齢者と向き合う取り組みを追った。
 

同番組は、プロデューサーを中島晃(クリーク・アンド・リバー社)、構成を坂口香津美氏が担当いたしました。同タッグでのドキュメンタリー作品は本作で8作目。2008年に放送されたNNNドキュメント’08『血をこえて…“わが子”になった君へ』では「ギャラクシー賞テレビ部門7月度月間賞」、NNNドキュメント’10 『かりんの家~親と暮らせない子どもたち~』では「日本テレビ2010年2月月間最優秀賞」を受賞しております。当社は、クリエイターの作品制作に様々な場面で協力することを通じて、当社理念である「クリエイターの生涯価値の向上」、「クライアントの価値創造への貢献」のために事業を推進してまいります。




 
この件に関するお問い合わせ

株式会社クリーク・アンド・リバー社

経営企画部 TEL:03-4550-0008

このページを印刷する