ニュースリリース

トップページ > ニュースリリース > 年度インフォメーション

年度インフォメーション

2008.09.19
株式会社クリーク・アンド・リバー社

パナソニック主催のショートフィルムフェスティバル
「PanasonicAVCCAMAWARD」に協賛しています

当社は、松下電器産業株式会社(本社:大阪府門真市、代表取締役社長:大坪 文雄)が、
映像コンテンツ分野で、優れた才能やアイデアを持つクリエイターを発掘・支援することを
目的として主催する「Panasonic AVCCAM AWARD」に協賛しています。  

 

「Panasonic AVCCAM AWARD」では、最優秀作品に、Panasonic社のAVCCAMシリーズ中で、9月に発売の最上位モデル(AG-HMC155)を賞品として授与します。
また、2008年11月19日から幕張メッセで開催される、「音と映像と通信のプロフェッショナル展 Inter BEE」(http://www.inter-bee.com/2008/ja/#/)内のPanasonicブースで、表彰式と受賞作品の上映会を行います。
映像クリエイターの方は、奮ってご応募ください。

 


当社は、「クリエイターの生涯価値の向上」を企業理念とし、クリエイターの教育サポート機関であるプロフェッショナルエデュケーションセンター(PEC)にて、クリエイターのスキルアップ・キャリアアップのサポートと情報提供を行っております。
「優れた才能やアイディアを持つクリエイターを発掘支援する」という当AWARDの趣旨と当社の理念が合致したことから、協賛の運びとなりました。 


今後とも、クリエイターを支援するイベントの協賛、キャリアアップに役立つ情報の提供やキャリアコンサルティング、セミナー等の提供等を通じ、クリエイターの方々へのサポートの充実を目指してまいります。   

 

  

 

【「Panasonic AVCCAM AWARD」内容】
orange_line.jpg
●詳細 http://www.bizrnet.com/avccamaward/

 

   

対象作品:
2008年9月1日から同年10月31日までに、映像クリエイター作品に特化したインターネット動画サイト“Biz-R.net”(http://www.bizrnet.com)にアップロードされた映像作品。
ストーリーが完結したショートムービーだけではなく、本編の内容を凝縮した予告編やダイジェスト映像も当AWARDの参加対象となります。   

 

作品仕様:
15秒〜3分のオリジナル映像作品(FLV形式)
ジャンルは問いません。(ただし、ビデオカメラを使用して制作した作品に限ります)

応募資格:
オリジナルの映像作品を持っている映像クリエイター。
(未成年者や日本国籍以外の方は、その旨をコメント欄に明記したうえで作品をアップロードしてください。)

表彰:
ご応募いただいたオリジナル映像作品の中から、各賞(詳細は後日発表)を選出します。
最優秀作品には、Panasonic社のAVCCAMシリーズ中で、9月に発売の最上位モデル
(AG-HMC155)を賞品として授与します。
また、2008年11月19日から幕張メッセで開催される、「音と映像と通信のプロフェッショナル展 Inter BEE」(http://www.inter-bee.com/2008/ja/#/)内のPanasonicブースで、表彰式と受賞作品の上映会を行います。    

 

審査員:
Biz-R.net運営者および当AWARD関係各社で構成されるPAA審査委員会が審査します。
なお、特別審査員は、映画プロデューサー・映画監督の奥山和由氏に務めていただきます。

  

 

この件に関するお問い合わせ

株式会社クリーク・アンド・リバー社

経営企画部 TEL:03-4550-0008

このページを印刷する