ニュースリリース

トップページ > ニュースリリース > 年度インフォメーション

年度インフォメーション

2018.04.06
株式会社クリーク・アンド・リバー社

4/18(水)~4/20(金)「北京国際映画祭・フィルムマーケット」に出展
約1兆円の中国映画市場に日本の小説・マンガなど原作200タイトルを紹介

株式会社クリーク・アンド・リバー社(C&R社)と上海現地法人 CREEK & RIVER SHANGHAI Co.,Ltd.(C&R上海)北京営業所は、「第8回北京国際映画祭」会場で行われる「フィルム・マーケット」(4月18日~20日:中国現地時間)に出展いたします。
 
近年、中国映画市場の発展は目覚ましく、2017年の年間興行収入額は559億1000万元(約9600億円)と過去最高を記録。世界トップの北米映画市場の年間興行収入額110億6600万ドル(約1兆2300万円)に差し迫る勢いを見せています*。
 
当社は2013年から同マーケットに出展する版権エージェンシーとして、中国映画市場に対し、日本のマンガや小説などの原作映像化権を中心に、約200タイトルを紹介予定。「推理」「ミステリー」「コメディ」「青春」「純愛」「学園」「冒険」「ファンタジー」「ビジネス」「癒し」など、中国の人気ジャンルのマンガや小説をほぼ網羅しております。
 
*レコードチャイナ(2018年1月14日)より

 
==================================
 北京国際映画祭 概要 
==================================
【 北京国際映画祭 2018】
2011年から開催され、今回で8回目を迎えた、北京国際電影節組委会辦公室が主催する中国の国際映画祭。今回は4月15日(日)~22日(日)の日程で開催予定。18日(水)~20日(金)には、映像マーケット「フィルムマーケット」が開催され、映像制作会社や配給会社、インターネット動画配信企業などが参加し、映画やドラマの企画・制作・海外版権の商談が行われる。
 
filmmarket.png
2017年北京国際映画祭「フィルムマーケット」の様子

▼公式サイトURL(英語)
http://www.bjiff.com/enHome/




  
この件に関するお問い合わせ

株式会社クリーク・アンド・リバー社

経営企画部 TEL:03-4550-0008

このページを印刷する