ニュースリリース

トップページ > ニュースリリース > 年度インフォメーション

年度インフォメーション

2018.12.11
株式会社クリーク・アンド・リバー社

連載インタビュー「for your creativity -人生100年時代に必要な5つのこと」をスタート
~クリエイターのための情報サイト「CREATIVE VILLAGE」~

株式会社クリーク・アンド・リバー社が運営するクリエイターのための情報サイト「CREATIVE VILLAGE(クリエイティブビレッジ)」は、「人生100年時代」を読み解く連載インタビュー「for your creativity –人生100年時代に必要な5つのこと」をスタートいたしました。記念すべき第1回は、オンライン動画学習サービス「Schoo(スクー)」の、生放送コンテンツのプロデュース・企画・制作全般を手掛ける橋詰千彬さんにお話を伺いました。
 
厚生労働省の調査によると、2017年の日本人の平均寿命は女性が87.26歳、男性が81.09歳と、ともに過去最高を記録。女性は5年連続、男性は6年連続、過去最高を更新しています*ⅰ。また、ある海外の研究では、2007年に日本で生まれた子供の半数が107歳より長く生きると推計されており*ⅱ「人生100年時代」はすぐそこまでやって来ているといえるでしょう。
 
そのような中、「CREATIVE VILLAGE」では、クリエイターが「人生100年時代」を生きるうえで必要なことを探る連載インタビュー「for your creativity –人生100年時代に必要な5つのこと」をスタートすることとなりました。第1回のテーマは「学び」。スクー生放送コンテンツのプロデュース・企画・制作全般を手掛けている橋詰さんに、「人生100年時代の学び」について伺っております。ぜひ、ご一読ください。
 
*ⅰ厚生労働省Webサイト 「平成29年簡易生命表の概況」より
*ⅱ厚生労働省Webサイト 「人生100年時代に向けて」より

hashizume_chiaki_crv.png
==============================
for your creativity –人生100年時代に必要な5つのこと
==============================
≪第1回≫人生100年時代 「自分の学び」を見つけよう:スクー橋詰 千彬さん
・自信のための回り道が「自分の学び」に繋がった
・人生100年時代には「能動的な学び」が必要
・人生100年時代に必要な学びの分野とは?
・人生100年時代に三領域の学びが必要な理由
・「オンライン教育」のメリットとデメリット
・人生100年時代に取り残されるかもしれない、20代日本人
・「リカレント教育」を実践するためには
・人生100年時代における「クリエイター」とは

▼インタビューはこちらから
https://www.creativevillage.ne.jp/51807
 
 
【プロフィール】
橋詰 千彬(はしづめ ちあき)
株式会社Schoo ラーニングデザイン第1ユニット ユニットリーダー
青山学院大学 文学部 英米文学科 卒業後、人材情報サービス企業に入社し、求人広告の企画・編集、新卒採用の広報戦略 企画立案などを担当。
その後、イギリスに渡り、大学院にてITを活用した英語教育方法論、モチベーション理論を学ぶ。帰国後、スクーに入社。生放送コンテンツのプロデュース・企画・制作全般を手掛ける。座右の銘は「回り道を楽しむ」、好きな食べ物はうどん。




 
この件に関するお問い合わせ

株式会社クリーク・アンド・リバー社

経営企画部 TEL:03-4550-0008

このページを印刷する