ニュースリリース

トップページ > ニュースリリース > 年度インフォメーション

年度インフォメーション

2019.04.01
株式会社クリーク・アンド・リバー社

ASBJ(企業会計基準委員会)の初代委員、公認会計士・辻山栄子博士を特集!
Accountant's magazine [アカウンタンツマガジン] vol.53 発刊

当社の会計分野の子会社 ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、会計業界のヒューマンドキュメント誌『Accountant's magazine [アカウンタンツマガジン] vol.53』を発刊いたしました。
 
本号の巻頭インタビューでは、早稲田大学 名誉教授 博士(経済学)辻山栄子氏を特集いたしました。
辻山氏は、研究者・教育者としてキャリアを積んできた、女性公認会計士の草分け的存在です。日本に女性会計士が20名ほどしかいなかった時代、早稲田大学商学部在学中に公認会計士試験に現役合格。その後、朝日会計社(現・有限責任あずさ監査法人)に勤めながら、東京大学大学院に進学し博士課程を修了します。30代になり3人の子どもを出産。育児と研究を両立しながら、40歳を過ぎて学位を取得しました。1994年からはASBJ(企業会計基準委員会)の初代委員として前線に立ちます。IFRSの日本導入に際しては、一貫して否定的な立場を取り、委員の任を終えた後も「会計基準の世界的な激動の時代に立ち会った人間の責務として、これからも研究を続け、意見発信は続けていきたい」と語っています。
 
教育者として、これまでの門下生は約700名にものぼり、現在は4社の社外取締役・監査役を務める辻山氏。会計の道を志す学生や若い公認会計士へ向けたメッセージとは――。氏の人生の軌跡を辿ったインタビュー記事を掲載しております。
 
その他、昨年東証一部上場企業となった急成長中の株式会社じげん 経営管理部の特集や、公認会計士業とプロボノ活動との両立を経て、うつ病や発達障害に悩む社会人のビジネススクールで活躍する女性公認会計士を紹介するリポートなど、様々な角度から会計業界をご紹介しております。
 

Accountant's magazine [アカウンタンツマガジン] vol.53  2019年4月号のご案内



Accountants53.jpg[会計士の肖像]
早稲田大学 名誉教授 博士(経済学)
辻山栄子

[Accountant's Opinion]
大原大学院大学 会計研究科 教授
青山学院大学 名誉教授 博士(プロフェッショナル会計学)
八田進二
 
[事務所探訪]
税理士法人クオリティ・ワン
 
[経理・財務最前線]
株式会社じげん 経営管理部
 
[The CFO ニッポンの最高財務責任者たち]
株式会社ローカルワークス
取締役CFO リフォマ事業部長
塩津友輝
 
[熱き会計人の転機]
株式会社キズキ
ビジネスカレッジ事業 公認会計士
林田絵美
 
==================================================             
判型:変型A4版
定価:515円(本体477円)
編集・発行/ジャスネットコミュニケーションズ株式会社
      『Accountant's magazine』編集部
発行人/黒崎 淳
編集人/安島洋平
==================================================
 
本マガジンは、監査法人、税理士法人などの会計プロフェッショナルファームや株式上場企業の役員、CFO、経理・財務部長、また公認会計士、試験合格者、税理士、USCPA保有者などに向けて11,000部を発行している季刊誌です。
 
 
【アカウンタンツマガジンに関するお問い合わせ】
 
ジャスネットコミュニケーションズ株式会社
『Accountant's magazine』編集部
電話:03-4550-6629
ジャスネットコミュニケーションズ株式会社Webサイト:http://www.jusnet.co.jp/
アカウンタンツマガジンWebサイト:https://career.jusnet.co.jp/magazine/



 
 
この件に関するお問い合わせ

株式会社クリーク・アンド・リバー社

経営企画部 TEL:03-4550-0008

このページを印刷する