ニュースリリース

トップページ > ニュースリリース > 年度インフォメーション

年度インフォメーション

2019.07.22
株式会社クリーク・アンド・リバー社

リモートワークやボーダレス組織から考える理想の働き方とは?
キャスター取締役COO/bosyu代表取締役 石倉秀明さんにインタビュー

クリーク・アンド・リバー社(C&R社)が運営するクリエイターのための情報サイト「CREATIVE VILLAGE」編集部は、二ュース番組「Live News α」のコメンテーターを務め、働き方に関して様々な情報を発信する株式会社キャスター取締役COO/株式会社bosyu代表取締役・石倉秀明さんにインタビューを行いました。
 
株式会社キャスターは「リモートワークを当たり前にする」「労働革命で、人をもっと自由に」をミッションとビジョンに掲げ、全社的にリモートワークを導入しています。今回のインタビューでは、「リモートワークのメリット・デメリット」「ボーダレス組織と働き方の多様化」「理想の働き方」の3つのテーマで石倉さんにお話を伺いました。ぜひご一読ください。
 
 
●リモートワークとボーダレス組織から考える、理想の働き方は「仕事の歯磨き化」?
・リモートワークの誤解とホンネ
・ボーダレス組織と採用の実情
・理想は「仕事の歯磨き化」
 
▼インタビューはこちらをご覧ください
 
 
■石倉秀明(いしくら・ひであき)
hideaki_ishikura.pngリクルートHRマーケティング、リブセンス、DeNAを経て、2016年3月に株式会社働き方ファームを設立し代表に就任。スタートアップを中心とした企業の新規事業、採用支援などを行う。
2016年10月より株式会社キャスター取締役COOに就任。2018年8月より、「仕事」と「人」の出会いをカンタンにするコミュニケーションサービス「bosyu」の運営を開始。2019年7月には「bosyu」事業を株式会社キャスターから分社化し、株式会社bosyuの代表取締役に就任。




 
この件に関するお問い合わせ

株式会社クリーク・アンド・リバー社

経営企画部 TEL:03-4550-0008

このページを印刷する