ニュースリリース

トップページ > ニュースリリース > 年度インフォメーション

年度インフォメーション

2019.09.20
株式会社クリーク・アンド・リバー社

CHOCOLATE Inc. の中の人たちが貴重なアイデアをおすそ分け!!
プランナー3名による連載「メディアで一人勝ち!?するためのアイデア論」が完結!

株式会社クリーク・アンド・リバー社が運営するクリエイターのための情報サイト「CREATIVE VILLAGE(クリエイティブビレッジ、以下CRV)」が連載する、コンテンツスタジオCHOCOLATE Inc. の若手プランナー3名によるリレー形式のコラムシリーズ「メディアで一人勝ち!?するためのアイデア論」全3回を公開いたしました。
 
様々なメディアの第一線で活躍している気鋭のプランナーが集うコンテンツスタジオCHOCOLATE Inc.。ユニークな個性が融合し、そこから生み出される数々のコンテンツは、国内のみならず海外でも注目を集めています。
 
第1回ではプランナーで6秒商店店長の島村ビギさんによるコラム「6秒商店の発想術~拡散する短尺コンテンツの考え方~」、第2回ではボードゲームを中心としたプランニングを担うカイジエンドさんによるコラム「ゲームから読み解く、人を動かす令和時代のコンテンツ」、第3回では「クリープハイプのすべ展」「RoLAND〜俺か、俺以外か〜」「アニメ夏目友人帳展」など企画展の空間ディレクションを行う保坂夏汀さんによるコラム「展示空間における心を動かす体験づくり」を連載。どのコラムも制作の過程で積み重ねてきたCHOCOLATE Inc.独自のノウハウを惜しげもなく披露しております。ぜひ、ご一読ください。
 
==============================
CHOCOLATE Inc.の若手プランナーによるコラムシリーズ
「メディアで一人勝ち!?するためのアイデア論」
==============================

▼≪第1回≫6秒商店の発想術~拡散する短尺コンテンツの考え方~
 
chocolate_colum_01.png
島村 ビギ (しまむら・びぎ)
CHOCOLATE Inc.
1994年生まれ。東京大学でまちづくり・建築を専攻した後、CHOCOLATE Inc.に参加。
6秒商店を始めとしたオリジナルコンテンツから、ブランデッドコンテンツまで分野横断的な企画を担当。
個人活動としてポータブルネギ、セルフチア横断幕、自動翻訳カメラ「気になルーペ」など、必要なのか不必要なのか分からないモノづくり活動も行なっている。2019年の注力領域は「ストーリー」「モノづくり」「ゲーム」。

 
▼≪第2回≫ゲームから読み解く、人を動かす令和時代のコンテンツ
 
chocolate_colum_02.png
カイジエンド
CHOCOLATE Inc.
大学卒業後、広告会社を経てコンテンツプランナーとしてCHOCOLATE Inc. に入社。
ファンがこぞって参加したくなるようなマニアックなものをゲームや体験にするのが得意。
企画・開発ゲームは、特殊カードでよりスリリングになる「闇金ウシジマくん裏社会大富豪」など。
他にもサントリー天然水 GREEN TEA のプロモーション施策として、5組の人気アーティストが徒然草を再解釈し楽曲を書きおろす「徒然なるトリビュート」の企画とMVのディレクションを手がけた。

 
▼≪第3回≫展示空間における心を動かす体験づくり
 
chocolate_colum_03.png
保坂 夏汀 (ほさか・なつみ)
CHOCOLATE Inc.
1995年生まれ。東京学芸大学 教育学部 美術科卒業。学生時代は日本画を専攻。
CHOCOLATE Inc.では「クリープハイプのすべ展」「RoLAND〜俺か、俺以外か〜」「アニメ夏目友人帳展」など企画展の空間ディレクション、またボードゲームやYouTubeコンテンツのデザイン・イラストを担当。
"尊さ"をテーマに、ファンがときめく空間づくりを研究中。



【CREATIVE VILLAGE に関するお問い合わせ】
株式会社クリーク・アンド・リバー社
CREATIVE VILLAGE編集部

 

 

この件に関するお問い合わせ

株式会社クリーク・アンド・リバー社

経営企画部 TEL:03-4550-0008

このページを印刷する