ニュースリリース

トップページ > ニュースリリース > 年度インフォメーション

年度インフォメーション

2021.10.08
株式会社クリーク・アンド・リバー社

10/21(木)「TA Night テクニカルアーティストのための懇親会 ~スキルレーダーチャートを使ってみよう~」を開催

株式会社クリーク・アンド・リバー社(C&R社)は、10月21日(木)、テクニカルアーティスト(以下TA)の方を対象に「TA Night テクニカルアーティストのための懇親会 ~スキルレーダーチャートを使ってみよう~」を開催いたします。
 
ゲーム業界で注目を集めている職種のひとつであるTAの主な役割は、デザイナーとエンジニアの橋渡し。業務の効率化を図るためのツールの開発・導入やワークフローの構築を行います。しかし、TAと呼ばれるようになった歴史はまだ浅く意見交換をする場が少ないのが現状です。TAになるためのキャリアパスやTAになった後のキャリアパスなどが見えにくいなどの課題があります。
 
そこで今回のセミナーでは、国内最大のゲーム開発者向け技術交流会「CEDEC2021」に登壇したC&R社の菊池一成と山本智人が、TAの重要性や具体的なキャリアなど「CEDEC2021」でお伝えした内容を盛り込みながら、「スキルレーダーチャート」を用いたTAのスキルの可視化についてお話します。ご参加される皆さまにも実際に「スキルレーダーチャート」を使っていただきます。ご自身の強みや弱みを知っていただける機会となりますのでぜひお試しください。セミナー後には、懇親会を予定しています。オンライン上にはなりますが、普段ゆっくり話す機会のない同業種の方と情報交換をする絶好の機会です。技術に関する情報はもちろん、他社の開発環境や仕事の進め方など、様々な情報交換を行い、業務に役立ててください。ご興味のある方は、ぜひご参加ください。
 
<LT参加者募集>
15分間のLT*参加者も5名限定で同時に募集します。ご希望の方は下記までメールをお願いします。
(氏名、メールアドレス、コンテンツをご記入ください。会社の紹介や営業もOKです。)
 
*Lightning Talks(短いプレゼンテーション)の略
 
★参考記事・サイト
▼C&R社のTAチームブログ
 
▼クリーク・アンド・リバー社 育成機関クリエイティブアカデミー
 
▼品質と生産性の両立を実現する「テクニカルアーティスト」とは?
 生産性を高めるテクニカルアプローチで3DCG制作を推進するクリーク・アンド・リバー社のTAに聞く
 

TA Night テクニカルアーティストのための懇親会 ~スキルレーダーチャートを使ってみよう~ 概要


TA_Night_tri.png

■日時・内容
2021年10月21日(木) 19:30~21:15
一部 スキルレーダーチャートの使用方法/ライトニングトーク
二部 懇親会
 
■場所
オンライン開催(一部:Zoom/二部:Gather)
 
■登壇者
株式会社クリーク・アンド・リバー社
デジタルコンテンツ・グループ
ディビジョンマネージャー
菊池一成
2014年、新卒入社。入社後、エージェントとしてゲーム分野で活躍するクリエイターのキャリア支援や開発スタジオの営業窓口を担当。ゲームパブリッシャー、ディベロッパーへのソリューション営業に一貫して従事。現在、ディビジョンマネージャーとしてメンバーのマネジメントのほか、テクニカルアーティストやゲームエンジニアに特化した開発スタジオの統括を務める。
 
株式会社クリーク・アンド・リバー社 
デジタルコンテンツグループ COYOTE 3DCG STUDIO 
TAチームリーダー
山本智人
ゲーム開発会社にて、グラフィックアーティストとしてモデリング・モーション・エフェクト・UIなどオールラウンドのグラフィック制作を経験したのち、テクニカルアーティストに転身。現在はC&R社のゲーム開発スタジオ「COYOTE 3DCG STUDIO」にて、社内外問わずアーティストのDCCツールサポートや制作パイプラインの提案・作成・運用を行う。特にアニメーション制御やモーション制作周りのテクニカルサポート・リガーとして様々なプロジェクトに従事。
 
■対象
テクニカルアーティスト
 
■参加費
無料
 
■定員
100名
 
 
▼詳細・お申し込みはこちら
※締切:2021年10月20日(水) 13:00
 
 
【セミナーに関するお問い合わせ】
株式会社クリーク・アンド・リバー社 
デジタルコンテンツ・グループ
「TA Night」担当
TEL:03-4570-7087 平日 10:00~18:00
この件に関するお問い合わせ

株式会社クリーク・アンド・リバー社

経営企画部 TEL:03-4550-0008

このページを印刷する