ニュースリリース

トップページ > ニュースリリース > 年度プレスリリース

年度プレスリリース

2009.07.08
株式会社クリーク・アンド・リバー社
印刷用PDF
24.7KB

中国マーケットに対するビジネス支援でBaiduと事業提携

コンテンツ(映像、Web、広告・出版、ゲーム、モバイル等)の制作プロデュース及びクリエイター・エージェンシー事業を展開する株式会社クリーク・アンド・リバー社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井川 幸広)は、バイドゥ株式会社(東京都港区、代表取締役社長 井上 俊一)と中国マーケットに対するビジネス支援サービスにおいて事業提携を行ない、サービスを開始いたします。


検索エンジン「Baidu.com(百度)」は、世界の検索エンジン・シェアが第3位で、特に中国マーケットにおいては約70%という圧倒的シェアを誇ります。当社は、バイドゥ株式会社の中国マーケットにおけるマーケティング・ノウハウを活用し、クライアント企業を幅広くサポートいたします。 


当社は、バイドゥ株式会社のノウハウを活かした中国ビジネスに関するガイドラインを作成し、49,000名のクリエイターと1,000社のパートナープロダクションからなる「中国ビジネスにおけるクリエイティブ・ネットワーク」を構築いたします。当ガイドラインは、中国人に馴染みやすい翻訳・デザイン、システム構築、運用、決済、プロモーション提案、検索エンジンで上位表示されるノウハウ等に加え、中国企業との契約や法律までをカバーしてまいります。当ガイドラインに則ることで、「中国ビジネスにおけるクリエイティブ・ネットワーク」は、クライアントに企業に対し、マーケティング的な視点を盛り込んだ、集客や売り上げ向上に繋がる、より深い提案を行なうことが可能となります。 


クライアント企業に対しては、アパレルや食品等中国市場でニーズの高い商品を扱う企業を中心に、セミナー等積極的な情報提供を通じて営業開拓すると同時に、ネットワークしているクリエイターからのニーズも取り込んでまいります。

 

 


■クリーク・アンド・リバー社が提供するサービスの概要

orange_line4hilight.jpg
当社では、バイドゥ株式会社のマーケティング・ノウハウを活用し、以下の3点を柱としたサービスを提供いたします。

�@ 中国での商品販売やサービスの提供を検討している日本企業を対象としたサポート
中国において商品販売やサービスの提供を検討する企業に向け、マーケティング調査、企画、システム構築、運営、決済、物流、プロモーション、中国語での翻訳サービス、等、フル・サポートを行ないます。実店舗展開及びECサイト構築双方に対応が可能で、売り上げ向上に結びつく多様なビジネス支援プランを用意し、柔軟に対応いたします。

 


�A 日本への中国人観光客をターゲットとした、商店やレストラン、旅館等を対象としたビジネス支援
日本を訪れる中国人は、2008年に100万人を突破し、2009年7月から個人査証(ビザ)の解禁によりますます増加することが予想されます。中国本土からの旅行者は、査証(ビザ)取得に最低年収などの制限があることから、富裕層が多いことが特徴です。訪日旅行客1人当たり国別消費額では、米国や他のアジア地区からの旅行者に比べて2倍以上となっていることから、様々な日本企業が中国観光客向け商品やサービスを準備しています。しかしながら、中国本土において日本の情報は依然少なく、検索エンジンにおいても、上位表示が少ないのが現状です。また、中国人においては、口コミ情報が重視される傾向があることから、良質な情報を口コミでいかに広げるかがポイントとなります。 


当社では、こうした状況を踏まえ、中国観光客誘致を計画する企業に対してインバウンド・サービスを展開いたします。具体的には、韓国・台湾からの旅行者とは異なる中国人観光客の購買行動を把握し、訪日の際の行動に影響を与える中国のWebサイトや雑誌等の媒体選定から、媒体における中国人に響くコピーライティングやデザインの作成、訪日した際のアプローチ等、訪日前から訪日後までの行動をターゲットとして、総合的に支援いたします。

 


�B 中国ECモールへの出店を検討している日本企業を対象としたサポート
中国のインターネットユーザーは2008年12月に2億9,800万人を超えて(※1)米国を抜き世界第1位となり、さらに、中国のオンラインショッピング市場は、2011年には8兆7,000億円(2008年1兆8,000億円)と、約5倍の成長が予測されます(※2)。 


このような状況を踏まえ、ECモールへの出店を通じて、中国マーケット進出を計画している企業が相次いでいることから、タオバオ(淘宝網:中国の著名なECサイト)等既存のECモールへの出店をサポートする他、他のECモールへの出店サポートも可能としています。中国向けECサイトの戦略に合わせて、日本国内のECサイトの構築や改善等のご相談にも応じます。 


(※1)中国ネットワークインフォメーションセンター(CNNIC)「第23次中国互換網発展状況統計報告」
(※2)iResearch Inc.資料による


以上





この件に関するお問い合わせ

株式会社クリーク・アンド・リバー社

経営企画部 TEL:03-4550-0008

このページを印刷する