ニュースリリース

トップページ > ニュースリリース > 年度プレスリリース

年度プレスリリース

2010.11.10
株式会社クリーク・アンド・リバー社
印刷用PDF
43.7KB

日本のコンテンツの流通・売買窓口として
中国の著作権取引所「国際版権取引センター」と業務提携
〜「国際版権取引センター日本支局」を当社内に開設〜

コンテンツの企画制作プロデュース事業、クリエイター・エージェンシー事業を行う株式会社クリーク・アンド・リバー社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井川 幸広 以下 C&R社)は、中国の著作権取引所である、国際版権取引センター[ 中国北京東方雍和国際版権交易中心有限公司 ](本社:中国北京 董事長:殷秩松 以下 国際版権センター)と、中国での日本のコンテンツ著作権の登録・流通の独占窓口として業務提携契約を締結いたしました。本年秋には、同センターの日本支局を、当社内に開設する契約を締結しております。


今回の契約締結により、国際版権センターの持つ専用取引プラットフォームを通して、日本のコンテンツを求める中国の出版社・ゲーム会社・テレビ局・音楽会社等に向けて、出版物・映画・ドラマ・アニメ・ゲームなど様々な領域の著作権を安心して取引することが可能となります。


国際版権センターとは、著作権に関する中国政府の最高機関である中国版権管理局[ 中国新聞出版総署 ]の許可を得て、中国版権保護センターを中心に、北京産権取引所、北京市東城区役所の二者の関連組織からの共同出資のもと、中国で唯一の国家級版権取引プラットフォームとして、2009年2月16日に設立されました。DVD等の海賊版の横行やキャラクターの模倣が国際的な問題となる中、中国の経済成長と文化面での国際化のため、著作権の認証と流通機能整備が必要であるとの趣旨にて「サービス・革新・協力」の理念のもと、開設されました。
著作権取引データベースシステムである専用のプラットフォームを持ち、中国国内でのコンテンツ著作権の登録及び流通を促進しています。中国の出版社やテレビ局等を始めとした約1万社を会員組織として持ち、設立1年目の2009年度は約26億円が同プラットフォームを通じて取引を行い、本年は約65億円の取引高を見込んでいます。  
  
現在、日本のコンテンツはほとんど登録されておらず、日本のコンテンツを著作権登録し、流通させることにより、中国で人気の高い日本のコンテンツの流通拡大を目指し、この度当社と業務提携契約を締結することとなりました。


当社は、本年7月に中国の電子書籍リーダーシェア1位の 漢王科技股・有限公司[Hanvon Technology Co.,Ltd.](以下 漢王)と日本のコンテンツ提供の独占窓口として業務提携契約を締結しており、既に数100タイトルの日本のコンテンツ掲載が決まっております。今後は出版社や、著作権者と確認しながら、中国で流通させる作品は、同センターを通じて、著作権の保護も万全な上で中国市場への展開を図っていく予定です。


国際版権取引センター 日本支局(C&R社内)は、著作権に精通した弁護士を含め約3,000名の弁護士をネットワークし、法曹分野のプロフェッショナル・エージェンシーを展開する当社グループ企業 株式会社C&Rリーガル・エージェンシー社とも連携してまいります。


dot_line.jpg


●国際版権取引センター 日本支局(C&R社内)
所在地 東京都千代田区麹町2‐10‐9 C&Rグループビル 〒102-0083
準備室連絡先 03-4550-6203  担当 / 李
営業開始日 今秋予定


dot_line.jpg


今回の業務提携契約締結における、それぞれの代表者コメントを次に掲載いたします。


■ 北京東方雍和国際版権交易中心有限公司(国際版権取引センター) 

董事長:殷秩松氏 のコメント
「国際版権取引センターは、『国家級版権取引所』の位置付けにて、中国国内の版権ビジネス市場を構築し、中国をはじめ、全世界の版権ビジネスに新しい活力を注ぎ込むことを目的として設立されました。設立に際して、日本のコンテンツホルダー企業とは、日中両国の版権保護、取引に関して活発に意見交換してまいりました。日本には豊富な版権コンテンツ資源があり、現在、中国市場では日本の映像コンテンツ(ドラマ・映画など)、出版物に対するニーズが高まっており、中国での版権ビジネスに際しては、版権登録取引は今後の発展への主流になっていくと感じています。
今般、日本において当センターの支局を開設し、日本版権を中国で保護、取引支援するサービスを開始いたします。約50,000名のクリエイターと3,000社以上のコンテンツメーカーと幅広く取引することで、日本のクリエイティブ業界に影響力を持つC&R社との連携により、日中両国間の版権ビジネスが更に発展することを期待しています。
C&R社との業務提携により、日中両国間の版権ビジネスが活性化し、日中両国間の文化交流に貢献するものと確信しています。」



■ 株式会社クリーク・アンド・リバー社 代表取締役社長 井川 幸広 のコメント
「日本のコンテンツホルダー、クリエイターの皆様にとって、中国マーケットは、今後非常に有望な市場と見込まれていますが、海賊版や違法コピーなどのリスクが未だ拭い切れないのが現状です。
今回、国際版権取引センターというコンテンツを取引する市場とパートナー契約を締結することが出来ました。コンテンツの著作権登録だけでなく、流通にも繋がる独自のプラットフォームを持つ同社との提携により、日本のコンテンツを求める中国の1万社以上の企業と、著作権に関して安心して取引が出来るようになりました。販売市場を世界に広げたい日本のコンテンツメーカーやクリエイターの皆様にとって、コンテンツを資産に変える、大きな収益の機会が出現したことと考えています。
日本のコンテンツは中国を始め、世界中から高く評価されています。グローバル化していく日本のコンテンツにとって、必要となるサービスは何かという視点から、今後も日本のクリエイティブ業界の成長に貢献してまいります。」


orange_line.jpg



■ 北京東ヨウ和国際版権交易中心有限公司[ 国際版権取引センター ]  概要
 所在地:中華人民共和国北京
 設 立:2009年2月16日
 代表者:殷秩松
 事業内容:著作権産業促進 / 著作権取引、登録代行 / コンテンツ著作権ビジネス支援業務 /
       著作権ビジネス専門家の育成 / 著作権ビジネスの法律的支援 /
       著作権ビジネス支援に関わる融資・投資
 URL: http://www.cbice.com/


■ 株式会社クリーク・アンド・リバー社 概要
 本 社:東京都千代田区麹町2-10-9 C&Rグループビル
 設 立:1990年3月
 代 表 者:代表取締役社長 井川幸広
 事業内容:クリエイティブに特化したエージェント、プロデュース、
 アウトソーシング、教育、出版、著作権及びコンテンツの管理・流通
 URL: https://www.cri.co.jp




この件に関するお問い合わせ

株式会社クリーク・アンド・リバー社

経営企画部 TEL:03-4550-0008

このページを印刷する