ニュースリリース

トップページ > ニュースリリース > 年度プレスリリース

年度プレスリリース

2010.12.08
株式会社クリーク・アンド・リバー社
印刷用PDF
21.5KB

12月22日開催 クリエイター向け電子書籍制作セミナー
〜電子書籍時代の到来で、高まるクリエイターの役割〜

コンテンツの企画制作プロデュース事業、クリエイター・エージェンシー事業を行なう株式会社クリーク・アンド・リバー社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井川 幸広)は、シャープ株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:片山 幹雄)、デジブックジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:林 陸奥広)の協力のもと、クリエイター向け電子書籍制作セミナーを12月22日(水)19:00より開催いたします。


AppleのiPadの登場、国内メーカーによる相次ぐ新製品発売による電子ブックリーダーの急増、電子書籍市場の流通基盤の拡大を背景に、日本の電子書籍市場は、2009年度の574億円から2014年には約2.3倍の1,300億円に拡大すると予測される(*1)など、日本においてもいよいよ本格的な電子書籍時代が到来しつつあります。
出版大国である日本では、一年間に約8万点(*2)の新刊書籍が発行されており、今後はこの新刊及び過去の出版物における大量の電子化ニーズが発生するとされており、また、電子書籍の特性を活かした新しいタイプの出版が生まれていくことが出版文化の発展に必須であると考えられています。


本セミナーは、電子書籍時代に求められるクリエイターの役割に焦点をあて、第一部において、電子書籍時代の大きな流れから、権利処理、編集、電子化といった電子出版を支えるプロセスを説明いたします。第二部では、12月に最新の電子書籍リーダー『GALAPAGOS』を発売した、シャープ株式会社が推奨する制作フォーマットXMDFについての解説を行ないます。
Web・出版業界で活躍するクリエイター、これから電子書籍制作を仕事にしたいというクリエイティブ業界の方々に向けたセミナー内容となっております。


当社では、出版物の電子化の本格的な進展にあたり、クリエイターが果たす役割の重要性を

捉え、クリエイターを育成し活躍する場を提供することにより、出版業界の発展に貢献してまいります。

本セミナーを皮切りに、今後、各種セミナー、教育システムを整備してまいります。


   (*1)インプレスR&D 「電子書籍ビジネス調査報告書2010」より
   (*2)出版科学研究所 「2009年度の新刊点数」より




クリエイター向け電子書籍制作セミナー
〜電子書籍時代の到来で、高まるクリエイターの役割〜 概要

orange_line4hilight.jpg



【日時】 2010年12月22日(水) 19:00〜21:00終了予定 (受付開始:18:30)
【会場】 クリーク・アンド・リバー社 本社 セミナールーム
      千代田区麹町2-10-9 C&Rグループビル 2F
・・・・・・・・・・・・・・・・・ (半蔵門線 半蔵門駅 徒歩3分/有楽町線 麹町駅 徒歩5分)
【参加費】 無料
【内容(予定)】
      第一部 『電子書籍マーケットと今後の動きについて』
      第二部・『XMDFとは?実際の制作方法、汎用性について』

【講師(予定)】(順不同)
    林 陸奥広 氏 (デジブックジャパン株式会社 代表取締役社長)
    コーディネーター 石丸 修 (クリーク・アンド・リバー社 執行役員)
【対象】
    Web業界、出版業界でお仕事をされている方

    電子書籍制作ビジネスを検討されているクリエイティブ業界の方
【定員】100名
【申込方法】
    以下応募フォームよりお申し込みください。
     https://www.c-place.ne.jp/xmdf1222/
【セミナーに関するお問い合わせ】 担当:岡田  bcgstaff@hq.cri.co.jp



この件に関するお問い合わせ

株式会社クリーク・アンド・リバー社

経営企画部 TEL:03-4550-0008

このページを印刷する