ニュースリリース

トップページ > ニュースリリース > 年度プレスリリース

年度プレスリリース

2011.01.12
株式会社クリーク・アンド・リバー社
印刷用PDF
79.6KB

C&R社 クリエイティブ専門学校向け就業力育成プログラム作成
〜 第一弾 東洋美術学校で必修カリキュラムとしてスタート〜

 コンテンツ企画制作プロデュース事業、クリエイター・エージェンシー事業を行う株式会社クリーク・アンド・リバー社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井川 幸広)は、クリエイティブ系やアート系の専門学校を対象とした就業力育成プログラムを作成いたしました。その第一弾として、東洋美術学校(本社:東京都新宿区、学校長 中込 三郎、 以下 東美)に於いて、2011年4月から「就業力育成」必修カリキュラムを開始いたします。

 文部科学省のデータによると専門学校生は、専門的な知識の学習により、即戦力として活躍できる素地を学校で身につけながらも、就職内定率は37.9%と、大卒の就職内定率57.6%より低いのが現状です。(*1)

 クリエイティブ系やアート系企業のうち、中でも中小・中堅企業においては、雇用情勢が厳しい中でも即戦力となる新卒学生を必要としているケースも多く、大手企業に偏りがちな学生側との間にギャップが生じ、ここに雇用のミスマッチが起きております。

 当社は、この雇用のミスマッチを解消するために、クリエイティブ専門学校向けの就業力育成プログラムを企画いたしました。この育成プログラムには、当社が10年前からテレビ業界への就職セミナーを実施し、数多くの人材を紹介してきたノウハウが活かされております。

 東美でのカリキュラム名は「選択就職セミナー」で、就職活動のための基礎講義と制作業界セミナーを盛り込んだ実践的な内容となっております。また、クリエイティブ業界において必要な自立意識を持った人材を育成することもテーマとしています。

 既に2010年11月東美において、試験的に合同面接会をあわせた就職セミナーを開催し、デザイン事務所やWeb制作運営会社に本年度卒業生の内定が出ております。

 また、この就業力育成プログラムを他の専門学校等にも展開し、就職支援の一助とすることも計画しております。今後も教育機関と協力して様々な企画を開発し、日本のクリエイティブ業界の発展のために、新しいクリエイターが就業できる環境の拡大を図ってまいります。

 (*1)平成22年度10月1日現在 文部科学省・厚生労働省調査より 

●「クリエイティブ業界に特化した就業力育成プログラム」東美での実施内容
  カリキュラム名 : 選択就職セミナー  
             ※東美「グラフィックデザイン科」必修カリキュラムとしてスタート
  実施期間 : 2011年4月〜2012年3月通期 年12回を予定

dot_line.jpg

■学校法人専門学校 東洋美術学校 概要
本 部:東京都新宿区富久町2-6
代 表 者: 学校長 中込 三郎
事業内容:デザイン・アート系の1〜4年制の専門学校。定員は約460名。年間の卒業生は約300名。
URL: http://www.to-bi.ac.jp/


■株式会社クリーク・アンド・リバー社 概要
本 社:東京都千代田区麹町2-10-9 C&Rグループビル
設 立:1990年3月
代 表 者:代表取締役社長 井川 幸広
事業内容:クリエイティブに特化したエージェント、プロデュース、
アウトソーシング、教育、出版、著作権及びコンテンツの管理・流通
URL: https://www.cri.co.jp




この件に関するお問い合わせ

株式会社クリーク・アンド・リバー社

経営企画部 TEL:03-4550-0008

このページを印刷する