ニュースリリース

トップページ > ニュースリリース > 年度プレスリリース

年度プレスリリース

2011.03.11
株式会社クリーク・アンド・リバー社
印刷用PDF
228.0KB

中国の出版事情を伝える唯一のフリーペーパー「華読」を創刊
〜 C&R社の上海現地法人 3月14日から発行開始 〜

※現在「華読」は休刊しております。(2018年3月)


 コンテンツの企画制作プロデュース事業、出版エージェント・クリエイターエージェンシー事業を行う株式会社クリークアンドリバー社 (本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井川 幸広 以下C&R社)の上海現地法人、創河(上海)商務信息咨詢有限公司(本社:上海市静安区、董事長:井川 幸広 以下C&R上海)は、中国出版事情を日本の出版社へ伝える初めてのフリーペーパー「華読(KADOKU)」を3月14日に創刊いたします。

 C&R上海は2010年3月に開設し、日中の出版版権を仲介する出版エージェンシー事業や、クリエイティブ関連業務において日系企業の各種サポートを行っております。成長余地の多い中国において、出版事業への取り組みを考えている日本の出版社のニーズに応え、現在では常時1,000件以上の出版オーダーに対応する等、業容を拡大しております。

 しかし、中国出版事情や中国の出版社に関する情報が非常に少なく、中国の出版トレンドでさえ日本に正確には伝わっていない状況です。そこでC&R上海は、現在までの営業活動を基にして、日本の出版社と中国の出版社の架け橋となるフリーペーパー「華読(KADOKU)」を創刊いたします。

 中国約600の出版社から話題の書籍をピックアップして毎号その特長を紹介する他、中国ベストセラー書籍の紹介、出版業界のキーパーソンや注目企業へのインタビュー等、中国の最新情報を豊富に盛り込み、日本側から見たビジネス視点を重視した編集と独自の取材で、中国出版業界の今をお伝えしてまいります。

 当初は年4回の発行を予定し、1号あたり4,000部の発行でスタートいたしますが、日本や中国での反響を見ながら発行回数や部数を増加させていくことも検討しております。

 出版社だけでなく、中国での出版ビジネスに参入を検討するコンテンツホルダーも読者対象と捉え、様々な分野で中国コンテンツビジネスを成功させる道標となるべく、中国マーケットの実情を伝える情報誌を目指してまいります。

dot_line.jpg



■「華読(KADOKU)」媒体概要

・発行部数:4,000

・サイズ装丁:A4サイズ・32P (創刊準備号は20P

・形式:フリーペーパー

・配布先:日本の出版社や新聞社等約3,000社(版権担当者・海外担当者対象)

・発行頻度:年4回

・コンテンツ概要:

  トップインタビュー/注目企業・キーパーソンへのインタビュー

  中国出版社紹介/中国の出版社の概要や、今の時期一押しの本などを紹介

  中国の消費者読書状況レポート/最近読んだ本、1ヶ月間に買った書籍等、

  中国人の生の声をお届け

・発行元:創河(上海)商務信息咨詢有限公司

華読 表紙
【創刊準備号表紙】

dot_line.jpg



■ 創河(上海)商務信息咨詢有限公司 概要
所 在 地:上海市静安区愚・路172号 環球世界大厦29

代 表 者:董事長 井川幸広
事業内容:出版エージェンシー事業/企画制作プロデュース

設立年月:2010年3月

■ 株式会社クリーク・アンド・リバー社 概要

本 社:東京都千代田区麹町2-10- C&Rグループビル

設 立:1990年3月

代 表 者:代表取締役社長 井川幸広

事業内容:クリエイティブに特化したエージェント、プロデュース、

アウトソーシング、教育、出版、著作権及びコンテンツの管理・流通                       

URL: https://www.cri.co.jp



この件に関するお問い合わせ

株式会社クリーク・アンド・リバー社

経営企画部 TEL:03-4550-0008

このページを印刷する