ニュースリリース

トップページ > ニュースリリース > 年度プレスリリース

年度プレスリリース

2012.11.02
株式会社クリーク・アンド・リバー社
印刷用PDF
134.1KB

医学生対象の就職活動セミナー アンケート結果
【 医学生の病院選びの意識が高まってきている? 】

 コンテンツの企画制作プロデュース事業、クリエイター・エージェンシー事業を行う株式会社クリーク・アンド・リバー社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井川幸広)の医療分野の子会社 株式会社メディカル・プリンシプル社(本社:東京都千代田区 代表取締役:中村明 以下MP社)は、医学生と研修病院の出会いの場である大規模イベント『レジナビフェア』(http://www.residentnavi.com)を開催し、2012年は約850施設の医療機関、4,759名の医学生に参加頂きました。この度、同フェアにおいて医学生へ実施したアンケート調査結果をまとめましたのでご報告します。

 

【フェア概要】

期間・場所:2012年度レジナビフェア 

東京(7月)・大阪(7月)・福岡(2月)・金沢(3月)・東北(3月) 会場

参加医療機関:約850施設(全国の臨床研修病院 約1,000施設)

【調査方法】

対象:レジナビフェア 参加医学生4,759名 (MP社『民間医局』会員)

手法:会場にて紙のアンケートに記入

【アンケート結果概要】

 「レジナビフェア」に関するアンケートの中で、「病院見学等の予定数はいくつですか?」という質問に対して、約85%の医学生が3~6施設を見学し、比較検討を行う事が一般化しているという結果が出ました。特に、過去の東京・福岡の同フェアアンケート結果より「4施設」以上と回答した人を比較すると、2010年より年々増え、2012年には参加者の約半数に上っています。この事からも、以前よりも病院選びに時間を費やし、5施設前後、施設見学を行う事がトレンドになりつつあると言えます。※各会場での集計時期が若干異なっております(東京7月・大阪7月・福岡2月)。一般学生と同様に、医学生でも慎重に就職先を比較検討する傾向はさらに進むものと考えられます。

 

121102(レジナビ報告).gif

 

《東京》 

●4施設  2010年:20%  2011年:21% 2012年:22%

●5施設  2010年:13%  2011年:14% 2012年:19%

《大阪》 

●4施設  2010年:21% 2011年:22% 2012年:19%

●5施設  2010年:13% 2011年:13% 2012年:18%

《福岡》 

●4施設  2010年:18% 2011年:24% 2012年:26%

●5施設  2010年:13% 2011年:14% 2012年:18%

 

 

▼レジナビフェアの詳細レポートは下記WEBよりご覧下さい。

http://www.residentnavi.com/rnfair/rnfair_report.php

 

 

 

 

 

【株式会社メディカル・プリンシプル社 について】

代表者    :  代表取締役社長 中村 明

設立      :  1997年1月29日

資本金    :  329,750千円

事業内容 :  医師・看護師等 職業紹介業

拠点    :  東京本社・東京支社・大阪支社・北海道支社・東北支社・北関東支社・

        名古屋支社・中国支社・四国支社・九州支社・沖縄事務所

 

 1997年に、「医療分野に新しい流れを」との想いで医師の紹介事業『民間医局』を始め、今では医療機関、医師、医学生、看護師に多面的なサービスを提供し、医療業界全体をサポートしています。医療機関に対しては、問題解決に一緒に取り組むパートナーとして、人材採用支援や経営コンサルティングなどのさまざまなサービスを提供しています。また医師や看護師に対しては、学生から中堅、ベテランまでの各キャリア・ステージに合わせた様々なサービスを提供し、生涯にわたるサポートを実現しています。医療の現場で最も重要とされている「人材」に焦点をあて、活躍の場を求める医師や看護師と人材を必要としている医療機関を結ぶ架け橋となり、豊かな社会の実現に少しでも貢献したいと考えています。

 

 

 

この件に関するお問い合わせ

株式会社クリーク・アンド・リバー社

経営企画部 TEL:03-4550-0008

このページを印刷する