ニュースリリース

トップページ > ニュースリリース > 年度プレスリリース

年度プレスリリース

2016.07.07
株式会社クリーク・アンド・リバー社
印刷用PDF
164.4KB

合弁会社設立に関する基本合意のお知らせ

当社と、Idealens Technology Co., Ltd.(所在地:中国成都市、CEO:宋海涛、以下アイデアレンズ社)および同社の筆頭株主である投資ファンド NewMargin Venturesのパートナー王  涵 (Wang Han)氏は、VR(Virtual Reality:仮想現実)・AR(Augmented Reality:拡張現実)における日本市場への進出及び日本コンテンツの中国展開を図るため、共同出資による合弁会社を設立することで基本合意に至りましたので、下記のとおりお知らせいたします。
 
 
1. 合弁会社設立の背景および趣旨
近年、VRおよびAR関連市場は急速に拡大しており、国内外で機器などのハード面やソフト面は一気に成長を始めました。現在はゲーム・映画・ライブの映像コンテンツなど、エンタテインメント分野を中心に活用されているVR/AR技術は、近い将来医療や建築、ファッションや教育など様々な分野への展開が急激に進むと予測されております。当社は、これらの分野のプロフェッショナルをネットワークし、これまでビジネスを順調に拡大させてまいりました。今後、VR/AR技術と当社がネットワークするプロフェッショナルの有するアイデアを掛け合わせることで、新たな商品・サービスの創出が可能と見込んでおります。
 
このような背景から当社は、中国企業でありVR関連製品機器の企画・開発・販売を行うアイデアレンズ社製品の日本における独占販売やマーケティング、およびプラットフォーム開発、コンテンツ配信を行うことを目的に、アイデアレンズ社とアイデアレンズ社の筆頭株主である投資ファンド NewMargin Venturesのパートナー・王 涵 氏と話し合い、共同出資による合弁会社を設立することで合意いたしました。
 
アイデアレンズ社は、VR/AR/AI(人工知能)などの領域で60項目余りの特許を所持する中国の企業グループ IDEALSEE GROUP(理想境界集団)の一つで、2014年に米大手IT企業の開発者であった宋海涛氏が設立。2015年7月に人間工学に基づいたデザインと快適な装着感を実現したVR専用OS搭載のケーブルレス(PC・スマホなど接続不要)一体型VRデバイスの量産化を世界で初めて実現した企業となります。
 
なお、本合弁会社の商号や設立日、資本金や出資比率など詳細は、決定次第あらためて発表いたします。
 
2. 基本合意の相手先
(1)IDEALENS Technology Co., Ltd.の概要
  商号:IDEALENS Technology Co., Ltd.
  所在地: Sichuan, Chengdu, Tianfu Software Park, CHINA
  設立: 2014年
  代表者: Chief Executive Officer  宋海涛(ソン・ハイタオ)
  事業内容: VR関連製品機器の企画・開発・販売およびVRソフトウェア(プラットフォームを含む)の開発・運用
 
(2)王  涵 (ワン・ハン)氏の紹介
  投資ファンド NewMargin Ventures のパートナー。
 
 
3. 今後の見通し
本合弁会社の設立による業績への影響は軽微であります。




 
この件に関するお問い合わせ

株式会社クリーク・アンド・リバー社

経営企画部 TEL:03-4550-0008

このページを印刷する