ニュースリリース

トップページ > ニュースリリース > 年度プレスリリース

年度プレスリリース

2016.08.19
株式会社クリーク・アンド・リバー社
印刷用PDF
173.2KB

新会社設立に関するお知らせ

 
株式会社クリーク・アンド・リバー社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井川幸広、以下「C&R社」)は、平成28年7月7日に発表いたしました通り、本日8月19日に、Idealens Technology Co., Ltd.(所在地:中国成都市、CEO:宋海涛、以下「アイデアレンズ社」)の筆頭株主である投資ファンド NewMargin Venturesのパートナー・王 涵 (Wang Han)氏と共同で、VR(Virtual Reality:仮想現実)およびAR(Augmented Reality:拡張現実)における日本市場進出のための新会社 株式会社VR Japan(以下、VR Japan)を設立しましたことを下記の通りお知らせいたします。
 
 
1. 新会社設立の目的
2016年はVR元年ともいわれ、VRやARに関する製品やサービスが注目を集めています。ゲーム、TV、映画、ライブなどのエンタテインメント分野のみならず、医療、建築、教育など、様々な分野でVR/AR技術を活用するための研究が進められています。2025年には、VR/AR関連機器の市場規模は、世界で12兆円を超えると予測(*)され、今後、市場の急速な拡大が見込まれます。
 
このような環境の中、アイデアレンズ社は、米大手IT企業の開発者であった宋海涛氏が2014年に設立。VR/AR/AI(人工知能)などの領域で60項目余りの特許を所持する中国の企業グループ IDEALSEE GROUP(理想境界集団)の中核企業であり、アイデアレンズ社が開発した軽量で高性能なVR専用OSを搭載したケーブルレス一体型VRデバイスは、米国でも高い評価を得ております。
 
C&R社およびC&R社のグループ会社(以下、「C&Rグループ」)は、ゲーム、TV、映画などのエンタテインメント業界をはじめ医療、IT、建築、ファッション、理化学等の分野で事業を展開。これらの分野で活躍している17万人以上のプロフェッショナルとのつながりを基に、1万5,000社を超えるクライアントと取引をしております。
 
アイデアレンズ社の製品・技術力とC&Rグループのマーケティング能力を掛け合わせ、日本のVR/AR市場を開拓することを目的に、新会社VR Japanを設立いたしました。VR Japanは、アイデアレンズ社製品の日本における独占販売やマーケティング、プラットフォームの運営管理を行います。また、C&Rグループは、クライアント、プロフェショナルと新しいサービス開発を行うとともに、日本の優れたコンテンツを世界へと配信し、VR/AR市場のさらなる発展に貢献してまいります。
 
*出典:2016年3月4日付 日本経済新聞電子版より

 
2. 株式会社VR Japan の概要
商  号:株式会社VR Japan
設  立:2016年8月19日
所 在 地:東京都千代田区麹町二丁目10番9号 C&Rグループビル
代 表 者:代表取締役社長 青木 克仁
資 本 金:20,000千円
出資比率:当社 51.0%、王 涵 氏  49.0%

 
3. 共同出資者の概要
王  涵 (ワン・ハン)氏の紹介
投資ファンド NewMargin Ventures のパートナー
 
NewMargin Ventures の概要
商  号:NewMargin Ventures
設  立:1999年7月
所 在 地:上海、北京、杭州
事業内容:中国国内のベンチャー企業に対する経営支援を中心としたベンチャーキャピタル事業 

 
4. Idealens Technology Co., Ltd.の概要
商号:Idealens Technology Co., Ltd.
所在地: Sichuan, Chengdu, Tianfu Software Park, CHINA
設立: 2014年
代表者: Chief Executive Officer  宋海涛(ソン・ハイタオ)
事業内容: VR関連製品機器の企画・開発・販売およびVRソフトウェア(プラットフォームを含む)
の開発・運用
 
5. 今後の見通し
当新会社の設立に伴う連結業績への影響につきましては軽微ですが、中長期的に当社業績の向上に資するものであります。 
以上



 
 
この件に関するお問い合わせ

株式会社クリーク・アンド・リバー社

経営企画部 TEL:03-4550-0008

このページを印刷する