ニュースリリース

トップページ > ニュースリリース > 年度プレスリリース

年度プレスリリース

2016.11.30
株式会社クリーク・アンド・リバー社
印刷用PDF
250.3KB

低価格・高品質を実現!初期費用は10万円~
VR・スマホに特化したデバッグサービスをスタート!!

当社は、VRコンテンツやスマートフォンアプリの不具合(バグ)を検証するデバッグサービスをスタートいたしました。
 
■VR・スマートフォンアプリのデバッグサービス
http://www.creativevillage.ne.jp/lp/debug/
 
2016年、VR関連製品が次々と発表され、ますます盛り上がりを見せるゲーム業界。パソコン、家庭用ゲーム機、スマホにVRデバイスが加わり、これまで以上に多くのゲームコンテンツが市場に投入されることが予想されます。ますます激化する競争を勝ち抜くには、エンタテインメント性の高いコンテンツ開発はさることながら、バグの排除は欠かすことができません。
 
当社は、1996年にゲームクリエイター・エージェンシー事業に進出。以来、約20年、目まぐるしく変遷するゲーム業界とともに成長を続けてまいりました。今年に入り、VR事業にも進出。これまで蓄積してきたナレッジ・ノウハウを活用し、VRコンテンツおよびスマホアプリに特化したデバッグサービスの提供をスタートすることとなりました。
 
 デバッグサービス 概要 
■デバッグサービスとは
プログラムの不具合(バグ)を検証するサービスです。
 
■対象コンテンツ
スマートフォンアプリ、VRコンテンツ
 
■デバッグサービス 3つの特徴
 
(1)スマホアプリ・VRコンテンツのエキスパートが検証!
デバッグ対象をVRとスマホアプリに絞ることによって、スタッフ教育の最適化を行い、練度の高い人材を効率的に養成しています。
 
(2)高品質で低コストのサービスを実現!
社内の膨大なノウハウを元に効率的なデバッグを行い、全体の作業工数を圧縮することによって、業界大手と比べても高品質で低価格な検証が可能になりました。
 
(3)品質向上レポーティングを無料で提供!
初回お取り引きのデバッグ案件もしくは50万円(税込み)以上の案件に対しては、無料でレポーティングを提供します。
 
▼詳細・お申し込み


当社のデジタル・コンテンツ・グループは、スマホRPG『戦国修羅SOUL』やGREEやモバゲーで配信中のカードバトルゲームアプリ『最弱無敗の神装機竜(バハムート)』のゲームパブリッシング事業に加え、年間300を超えるゲームタイトルの制作に携わるプロデュース事業を展開中。自社ゲーム開発スタジオには約300名のクリエイターが常駐するまでに拡大しております。当社はデバッグサービス事業において、デバッグ人材(以下「デバッガー」)に対し検証スキルに限らずゲーム開発スキルなど独自の育成プログラムを準備しております。理念である「クリエイターの生涯価値の向上」の実現に向けて、デバッガーの方々のキャリアアップもサポートしてまいります。




 
この件に関するお問い合わせ

株式会社クリーク・アンド・リバー社

経営企画部 TEL:03-4550-0008

このページを印刷する