ニュースリリース

トップページ > ニュースリリース > 年度プレスリリース

年度プレスリリース

2017.07.20
株式会社クリーク・アンド・リバー社
印刷用PDF
317.8KB

IoT/AI事業を推進する東芝デジタルソリューションズと協業
東芝コミュニケーションAI「RECAIUS™」の戦略パートナーに

当社は、東芝デジタルソリューションズ株式会社( 以下、東芝デジタルソリューションズ)と、東芝コミュニケーションAI「RECAIUS™(リカイアス)」を活用した製品やサービスについて、共同で事業を企画・推進する戦略的な協業関係を構築することに合意し、契約を締結いたしました。
 
最初の取り組みとして、「RECAIUS™」の音声合成技術を活用した「声」のプラットフォーム 「コエステーション™」を、ゲームや電子書籍、アニメーションやTVなどのエンターテインメント分野で幅広く活用いただけるよう、当社が声優やタレントなどの声を収集し、3,000社以上のメディア関連などのクライアント企業での活用を働きかけてまいります。
「コエステーション™」は、"声を活用してもらいたい人"と"使用したいユーザー"をつなぐ、ネットワーク上の新しいプラットフォームで、このたびβ版が開発・リリースされ、本年中の事業化を目指しております。スマートフォン(スマホ)のアプリケーション(アプリ)などで、ユーザーが指定の文章を読み上げて自分の声を登録すると、その特徴が自動的に学習され、声の分身=「コエ」を生成します。ユーザーはその「コエ」を使って、交流サイト(SNS)やゲームなどで、任意のテキストを喋らせることができます。また「コエステーション™」に登録されている声優などの好みの声を使い、ユーザーは音声コミュニケーションに幅を持たせることができます。
これによって声優などの声主は、録音では対応しきれない、ゲームキャラクターに個別プレーヤーの名前を呼ばせるといった 「コエ」の活用ができ、新たなビジネス機会の創出につながります。一方、アニメーション制作会社などの企業では、プラットフォーム上の膨大な「コエ」から最適なものをコンテンツ制作に活用できるほか、「コエステーション™」の提供する音声合成API(*1)や組込みミドルウェア(*2)を使った、「コエ」を活用した新サービスを展開することも可能です。
当社は「コエステーション™」を通じて、これから迎えるテキストから音声へのコミュニケーションのパラダイムシフトにいち早く対応し、自由で新しい音声文化の醸成を目指してまいります。同時に「コエ」の流通を進めるにあたり、声主の権利保護と、適切な利用の仕組み構築や犯罪対策など、「コエステーション™」を安全・快適に活用していただくため、東芝デジタルソリューションズと共に、事業化に向けた課題に対応してまいります。
また、この戦略的協業関係を基軸として、東芝デジタルソリューションズが持つ様々な技術を活用した新しいサービスの創出に向けて、今後も検討を重ねてまいります。
  「コエステーション™」・ 「 RECAIUS ™ (リカイアス)」概要  
coestation01.png
「コエステーション™」のコンセプト
coestation02.png
「コエステーション™」の活用領域
■東芝コミュニケーションAI「 RECAIUS ™ (リカイアス)」について
音声や映像から人の意図を理解しビジネスと生活の安心・快適な活動をサポートするコミュニケーションAI。東芝が長年にわたり研究開発してきた、音声認識、音声合成、翻訳、対話、意図理解、画像認識(顔・人物画像認識)などのメディア知識処理技術(メディアインテリジェンス技術)を融合し体系化。RECAIUSは、新しいライフスタイルやビジネスの創出に貢献します。
「RECAIUS(リカイアス)™」詳細URL:http://www.toshiba.co.jp/recaius/
■「コエステーション™」
東芝が提供するコミュニケーションAI「RECAIUS ™ (リカイアス)」の音声合成技術を活用した、ネットワーク上の「声」の流通プラットフォーム。2017年中に、スマホなどでの日本語版の提供開始を予定している。



当社はこれからも、才能あるクリエイターに国境を越えて活躍できる新たなステージと収益化の施策を提示すると同時に、クライアント企業へのサービスを拡充し、当社の理念である「プロフェッショナルの生涯価値の向上」と、「クライアントの価値創造への貢献」を果たしてまいります。
【注釈】
*1)API:Application Programming Interfaceの略。ソフトウェアの機能をWeb上などで一部公開して共有することで、他のソフトウェアと機能を共有できるようにしたもの。
*2)ミドルウェア(Middleware):コンピューターの基本制御を行うオペレーティングシステム(OS)と、各業務処理を行うアプリケーションソフトウェアとの中間に位置するソフトウェアで、OSの機能拡張やアプリケーションの共通機能を集め、一つの機能管理パッケージにしたもの。
*RECAIUS、コエステーションは、東芝デジタルソリューションズ株式会社の日本またはその他の国における登録商標または商標です。
*その他、本配布資料に記載されている社名及び商品名はそれぞれ各社が商標または登録商標として使用している場合があります。

■東芝デジタルソリューションズ株式会社  会社概要
あらゆるモノと人がつながるデジタル社会で情報通信技術(ICT)によりグローバル・ビジネスイノベータとしてお客さまと共に新たな価値を創造(共創)します。
社名:東芝デジタルソリューションズ株式会社(英文名称 Toshiba Digital Solutions Corporation)
本社:神奈川県川崎市幸区堀川町72番地34
取締役社長:錦織弘信
資本金:235億円(2017年7月現在)
設立:2003年10月
従業員数:4,500人(単独 2017年7月現在)/10,200人(連結 2017年7月現在)
拠点:本社(川崎市)、北海道支社(札幌市)、東北支社(仙台市)、中部支社(名古屋市)、 関西支社(大阪市)、中国支社(広島市)、九州支社(福岡市)、 北陸支店(富山市)、四国支店(高松市)、 ソリューションセンター(東京都府中市)、ICTインフラサービスセンター(東京都府中市)
事業内容:システムインテグレーションおよびIoT/AIを活用したデジタル・サービスソリューションの開発・製造・販売
■株式会社クリーク・アンド・リバー社  会社概要   
映像・ゲーム・Webなどのクリエイターから、建築・ファッション・食・学術分野のプロフェッショナルに特化したエージェント、プロデュース、ライツマネジメント事業を行っています。同事業を医療・IT・法曹・会計の10分野に拡大し、22万人以上のプロフェッショナルと約2万社のクライアントを無限に組み合わせ、国内14拠点・海外4拠点に展開しています。VRやビッグデータ分析、プロフェッショナル専門の採用情報サイトや世界中の弁護士を結ぶSNSサービスにも周辺事業を拡大し、「プロフェッショナルの生涯価値の向上」と「クライアントの価値創造への貢献」を実現しています。
社名:株式会社クリーク・アンド・リバー社(英文名称 CREEK & RIVER Co., Ltd.)
本社:東京都千代田区麹町二丁目10番9号 C&Rグループビル
代表者:代表取締役社長 井川幸広
資本金:10億3,559億円(2017年7月現在)
設立:1990年3月
従業員数:255人(単独 2017年2月期)/ 801人(連結 2017年2月期)
ネットワーク:東京・大阪・札幌・仙台・大宮・横浜・名古屋・京都・神戸・高松・広島・福岡・熊本・那覇/韓国・上海・北京・カリフォルニア
事業内容:クリエイティブ・建築・ファッション・食・研究のプロフェッショナルに特化したエージェント、プロデュース、アウトソーシング、 著作権及びコンテンツの管理・流通。グループには、医療・IT・法曹・会計分野がある。
この件に関するお問い合わせ

株式会社クリーク・アンド・リバー社

経営企画部 TEL:03-4550-0008

このページを印刷する