ニュースリリース

トップページ > ニュースリリース > 年度プレスリリース

年度プレスリリース

2018.06.15
株式会社クリーク・アンド・リバー社
印刷用PDF
383.7KB

3ヵ月間無償で、2D・3DCGゲームデザイナー育てる 
未経験をプロに、就業実績は95%を記録! 「クリエイティブアカデミー」

当社の「クリエイティブアカデミー」(東京・秋葉原)は、未経験から3ヵ月間で即戦力となる2D・3DCGデザイナーなどを無償で育成しております。大手ゲーム会社などでのデザイナー就業実績が、この1年間で95%以上を記録いたしました。
 
コンシューマーゲームやスマートフォン(スマホ)ゲームなど、ゲーム業界は急速に成長を遂げてきたため、経験者の採用や、外部への業務の発注が重視され、未経験者を自社で育成をする体制は各社不十分となっています。そのため、将来を担う若手クリエイターの採用と育成が、業界全体として大きな課題でした。
 
そこで当社は、クリエイター育成が企業の社会的責任(CSR:corporate social responsibility)としても重要と考え、未経験者を3ヵ月間、無償でプロフェッショナルに育成する「クリエイティブアカデミー」を開設。400名体制のゲーム開発スタジオを持つ当社が、ゲーム業界で必要とされるクリエイターを、独自の教育手法と研修で育成しております。これまでに卒業した方々は、技術面で即戦力である上に、仕事に取り組む目的意識が高いと各企業から評価していただき、今回の就業率となりました。
 
 クリーク・アンド・リバー社「クリエイティブアカデミー」概要 
■受講期間
3ヵ月間 10:00~17:00(月~金曜日)連日開講
 
■受講料
無料 ※入校時面接有り
 
■所在地
東京都東神田(秋葉原)

■内容・定員
【3Dコース <定員15名>】
 制作ソフト「Maya」を使用。キャラクターや背景を造形する「モデリング」、動きを作成する「アニメーション」から選択。
 
【2Dコース <定員5名>】
 制作ソフト「Live2D」を使用。基本から現場での応用テクニックまで、主にスマホゲームでの活用をテーマに授業。
 
【エフェクトコース <定員15名>】
 Unityを使用し、映像や音など、演出に深く関わるエフェクト(効果)について授業。
 
▼「クリエイティブアカデミー」詳細・入校説明会のお申し込み(※3Dコースで記載)
creative_academy.png 

2017年5月より「2DCGコース」「3DCGコース」、2018年には「エフェクトコース」を開講。第一線のクリエイターが講師となり、マンツーマンで講義を行っております。例えば3DCGコースは、制作ソフト「Maya」の教育動画を見ながら実際に作品を制作。不明な点は直ぐに講師に確認でき、現場で活かせるアドバイスやテクニックを身につけられる内容となっております。
 
テクニック習得だけでなく、講師やエージェント(専任担当者)が、出欠や時間管理の指導を行うほか、受講生とスキルやキャリア相談といったコミュニケーションの場を頻繁に設定し、業界で活躍するための人格形成にも力を入れております。卒業後も、就業した後の仕事やキャリアアップの相談にも応じ、一生涯活躍できるクリエイターの育成を目指しております。
 
また、2017年6月には、地域創生の一環として「熊本サテライト・スタジオ」を開設。地域で活躍するゲームクリエイターの育成にも取り組んでおります。当社は、クリエイターの育成を東京や熊本だけでなく全国的に展開し、これからもゲーム業界の一助として貢献を続けてまいります。
 
当社は、ゲーム・映像・Web・広告・出版などの分野で、23万人超のプロフェッショナルと2万社のクライアントをネットワークし、エージェント(人材サービス)、プロデュース(受託開発)、ライツマネジメント(知財活用)事業を展開しております。これらの事業を通じて、当社理念である「プロフェッショナルの生涯価値の向上」と「クライアントの価値創造への貢献」の実現をはかってまいります。




 
この件に関するお問い合わせ

株式会社クリーク・アンド・リバー社

経営企画部 TEL:03-4550-0008

このページを印刷する