ニュースリリース

トップページ > ニュースリリース > 年度プレスリリース

年度プレスリリース

2018.12.18
株式会社クリーク・アンド・リバー社
印刷用PDF
741.3KB

理解度98%!演劇で会社の歴史・理念を浸透!!
社史の演劇化サービス「企業史演劇」を提供開始!

株式会社クリーク・アンド・リバー社(以下C&R社)の舞台芸術事業部はこのたび、企業の歴史や理念、風土、文化、行動指針など、社内共有や社内浸透が必要なエピソードや事柄、想いなどを演劇化し、上演するサービス「企業史演劇」の提供をスタートいたしました。
 
一般財団法人労務行政研究所が2016年に実施した「経営理念の策定・浸透に関するアンケート」の事例「『経営理念』等の浸透・共有に向けた課題」によると、「理念の表現がとっつきにくく、身近に感じていない」「社員にとって腹落ちするものではないため、丁寧かつ継続的な説明が必要」といった課題が挙げられています。C&R社は、そのような課題を解決すべく、より身近に感じることができ、より分かりやすい表現方法のひとつである「演劇」という形で、 企業の歴史や理念、風土などを表現し、社員の理解と浸透を図るサービス「企業史演劇」の提供を開始することとなりました。演劇を制作するのは、C&R社がネットワークするプロの脚本家や演出家、役者たち。文字だけでは伝わりづらい想いや理念などを、取材から脚本作り、演出、稽古、本番にいたるまで、約3ヵ月で演劇化いたします。また、制作した演劇の映像化も可能で、イベント等で繰り返し、上映することができます*。
 
C&R社では今年10月、「企業史演劇」を活用した理念浸透研修を実施。C&R社の創業当時のエピソードや代表の想い、経営理念などを演劇化し、文学座などに所属する役者らがC&R社の代表役や社員役を務めた演劇を上演いたしました。実施後のアンケートでは、「五感で体感することで心で理解することができた」などと、実に98%の社員が「企業理念がとても理解できた」と答えています。経営方針の転換や会社の統合、代表の交代時など、改めて歴史や理念、行動指針などの社内共有・浸透が必要な際におすすめのサービスです。演劇が持つ“心に届ける力”で、言葉では表しづらいあなたの会社の歩んできた歴史や大切な想いを社員全員に共有してみませんか。企業に限らず、病院や学校、NPOの方々もご利用いただけます。ご興味をお持ちの方は、ぜひ、C&R社舞台芸術事業部までお問い合わせください。

*映像化サービスはオプションです。

kigyoshiengeki_photo.png
 
======================================
社史演劇化サービス「企業史演劇」 概要  
======================================
 
■概要
企業の歴史や経営史、理念、風土、文化、行動指針など、社内共有や社内浸透が必要なエピソードや事柄を演劇化し、上演するサービス
 
■対象
企業、病院、学校、NPOなど
 
■利用シーン
研修、周年行事、入社式、採用説明会など
 
■お申し込みから本番までの流れ
kigyoshiengeki_chart.png
 
■演劇制作期間
約3ヵ月
 
▼本サービスの詳細はこちらから
 
▼本サービスのプロモーション映像

 

====================================================
C&R社で実施した「企業史演劇」に関するアンケート結果(抜粋)
====================================================
 
■概要
2018年10月、C&R社社員約300名を対象に、C&Rグループの歴史や理念、行動指針などの共有・浸透を目的に、「企業史演劇」を活用した研修を実施。その後、参加者全員を対象にアンケートを実施したもの。
 
 
kigyoshiengeki_chart00.png
【企業史演劇に関するお問い合わせ】
クリーク・アンド・リバー社 
舞台芸術事業部 藤澤
 

 

この件に関するお問い合わせ

株式会社クリーク・アンド・リバー社

経営企画部 TEL:03-4550-0008

このページを印刷する