ニュースリリース

トップページ > ニュースリリース > 年度プレスリリース

年度プレスリリース

2019.02.13
株式会社クリーク・アンド・リバー社
印刷用PDF
398.8KB

現場で活躍できるVRエンジニアを無償育成 
無料のエンジニア育成機関 「TECH STADIUM」にVRコースを新設

当社は、完全無償でゲームなどのエンジニア(プログラマー)を育成するスクール「TECH STADIUM(テック スタジアム)」に、VR(Virtual Reality:仮想現実)エンジニアを育成する「VRコース」を新設いたしました。
2月13日(水)より、 3月4日(月)~3月29日(金)の平日12日間で学ぶ、第1期の受講生の募集を開始いたします。
 
「VRコース」は、「TECH STADIUM」 の「Unity (ユニティ)コース」 受講修了者や同等レベルのUnity技術を習得している方などを対象に、VRやAR(Augmented Reality:拡張現実)の開発手法から通信技術までを現役VRエンジニアが丁寧に教える講座です。実務で使える実践的な技術を教え、主にビジネス向けのVR/AR開発ができる即戦力のエンジニアを無償で育成します。さらに講座を終了した方に、就業先の紹介を行っております。
 

「TECH STADIUM(テックスタジアム)」 VRコース 概要


 

tech_stadium_logo.png

tech_stadium_unity.png

 ●「VRコース」 第1期   
vr_teppaku.png■期間
2019年3月4日(月)~3月29日(金)の平日12日間
※3月4日(月)、 6日(水)、 8日(金)、 11日(月)、13日(水)、15日(金)、18日(月)、 20日(水)、 22日(金), 25日(月)、 27日(水)、 29日(金) ※卒業制作発表は4月初旬に実施予定。
 
■講義時間 
19:00~22:00 <講義>講義とハンズオン形式の授業を実施。  ※授業の終了時刻は、当日の授業内容によって多少前後いたします。
22:00~23:00 <自習時間> 授業の復習や課題の制作。講師等が待機。 ※早く習得できた方は先に帰宅することも可能。 
 
■講義内容
1.PC型VRの開発学習
2.スタンドアロン型VRの開発学習
3.スマホ型ARの開発学習
4.通信技術の知識習得
5.卒業制作発表 ※フェーズ毎に課題制作に取り組んでいただきます。
 
■講師
現役VRエンジニアが担当。メンターとしてVRプロデューサーが授業や課題制作をサポート。
 
■受講費用
無料 ※但し、受講終了後に当社紹介の就業先にて仕事をしていただける方を原則としています。
 
■受講資格
「TECH  STADIUM」の「Unityコース」受講修了者。もしくは、同等のUnity技術を習得している方、プログラミングスキルをお持ちの方を対象としています。
 
■所在地
東京都港区新橋3丁目11-8 オーイズミ新橋第2ビル(703)
 
▼「TECH  STADIUM」の「VRコース」へのお問い合わせ・詳細
 


「TECH STADIUM」は、2018年6月に世界で最も使用されているゲームエンジン「Unity」コースを主体に開講。これまでに約100名のゲームエンジニアを輩出しております。「VR コース」の開設により、ゲームだけでなくビジネスや産業向けの開発に対応出来るVRエンジニアを輩出していく予定です。
 
当社は、ゲーム・映像・Web・広告・出版などの分野で、23万人超のプロフェッショナルと2万社のクライアントをネットワークし、ライツマネジメント(知財活用)、プロデュース(受託開発)、エージェンシー(人材サービス)事業を展開しております。 2016年よりVRのハード販売からコンテンツ開発、プロフェッショナルの紹介や研究開発までを一貫して手掛ける日本でも有数のVRソリューション・プロデュース事業を行っております。今後、利用拡大が見込まれるVR・AR分野において、現状足りていないVRエンジニアの育成をおこない、市場の活性化に努めてまいります。
 
今後も、VRやAI(人工知能)から、映像、ゲーム、Webなどのプロフェッショナルが活躍する場を提供し、理念である 「プロフェッショナルの生涯価値の向上」「クライアントの価値創造への貢献」の実現に向けて、積極的に事業を展開してまいります。
 
▼株式会社クリーク・アンド・リバー社のVR/AR事業サイト
 
この件に関するお問い合わせ

株式会社クリーク・アンド・リバー社

経営企画部 TEL:03-4550-0008

このページを印刷する