ニュースリリース

トップページ > ニュースリリース > 年度プレスリリース

年度プレスリリース

2019.02.18
株式会社クリーク・アンド・リバー社
印刷用PDF
300.4KB

研究開発支援者(リサーチャー)エージェンシー事業開始
~ バイオ・化学・食品などの研究を支援 ~

当社は、大学や企業の研究機関とのプロジェクトや研究者のエージェンシーの知見を活かし、研究開発を補佐する中堅クラス以上の研究開発支援者(リサーチャー)のエージェンシー事業を開始。2月18日(月)より、サービス内容を紹介する「Laboしごと」サイトをスタートいたしました。
 
リサーチャーとは、主にバイオロジー(生物学)やケミカル(化学)などライフサイエンス(生命科学)の研究分野で、研究開発者の右腕となって一緒に研究を進めるプロフェッショナルのことです。大学の基礎研究分野をはじめ、食品・医薬品の大手メーカーなど、開発成果を発展させたい企業からのニーズが非常に高く、長年に亘って慢性的な人材不足となっております。
 
そのような中、当社は理学系研究職におけるリサーチャーの国内市場規模を約800億円と算出。研究分野にも女性労働力のⅯ字*カーブ傾向があり、現在仕事をしていない女性リサーチャーの潜在性は高いと考えており、働き方の多様性を提案することで、研究職としての生涯価値向上を事業のポイントとしております。
 
当社は2015年より研究者のエージェンシー事業をスタート。約1,000名の研究者や科学者、技術者をネットワークし、企業などに紹介するプロフェッサー・エージェンシー事業と、大学の研究成果に新たな付加価値をもたらすオープンイノベーション・プロデュース事業を展開しております。これまでに、IT・機械・繊維・化学・化粧品・製薬企業や研究施設など約200社(機関)との取引を広げ、多くの研究者の橋渡しや研究プロジェクトを成立させております。
 
それらのノウハウを結集した、リサーチャー・エージェンシー事業の開始となります。事業開始前のマーケティング段階において、既に大手食品メーカーや大手化学メーカーからオーダーを受注しております。
 

リサーチャー・エージェンシーの「Laboしごと」サイト


laboshigoto.png

研究開発職/理系(バイオ、化学等)専門の求人(派遣・転職)サイト「Laboしごと」 TOPページ

 
【既に申し込みのあるオーダー例】
●大手食品メーカー
業務内容 : 品質保証部門での、異物分析業務
 
●大手化学メーカー
業務内容 : 耐熱ポリアミドの開発に関連するラボ実験業務(試験片の成形、化学分析、物性測定など)
 
【リサーチャー事業に関するお問い合わせ】
 株式会社クリーク・アンド・リバー社
 事業開発グループ リサーチャー事業部 
 Laboしごと事務局
 〒105-0004東京都港区新橋四丁目1番1号 新虎通りCORE
 TEL:03-4550-6090  email: laboshigoto@hq.cri.co.jp
 

また当社は、2018年3月には東京大学に研究室を持つ株式会社CO2資源化研究所(本社:東京都港区、代表取締役社長:湯川英明)の支援を開始。革新的なバイオ技術で水素(H₂)と二酸化炭素(CO₂)から菌体を培養し、「Biofeeds(バイオフィーズ:飼料蛋白素材)」「Protein(プロテイン)」「バイオ燃料」「化学品」分野での資源化を目指す研究開発に協力しております。

*「M字カーブ」:女性の労働力率(15歳以上人口に占める労働力人口〈就業者+完全失業者〉の割合)は,結婚・出産期に当たる年代に一旦低下し、育児が落ち着いた時期に再び上昇するM字カーブを描くことが知られており、近年M字の谷の部分が浅くなってきている。(内閣府男女共同参画局HPより抜粋)

 

 

当社は、1990年の創業以来、クリエイター、ITエンジニア、医師、弁護士、会計士、建築士、ファッション、研究者、シェフなどのプロフェッショナルに特化したエージェンシーを次々と立ち上げ、産業の核となるプロフェッショナルの叡智を社会の発展に結び付けてまいりました。これらもグループの理念である「プロフェッショナルの生涯価値の向上」と「クライアント企業の価値の創造」の実現に向け、知能の50分野にエージェンシー事業を展開し、「プロフェッショナルによる豊かな社会の実現」に貢献してまいります。




 
この件に関するお問い合わせ

株式会社クリーク・アンド・リバー社

経営企画部 TEL:03-4550-0008

このページを印刷する