ニュースリリース

トップページ > ニュースリリース > 年度プレスリリース

年度プレスリリース

2019.08.05
株式会社クリーク・アンド・リバー社
印刷用PDF
360.6KB

KPIと研修を重視した革新的な「VMD Produce Service」
入店率が上がる見せ方と意識改革で、売上を増加

株式会社クリーク・アンド・リバー社(以下C&R社)のファッション分野の子会社 株式会社インター・ベルは、アパレル店舗運営のノウハウと、視覚的表現を組みわせて店舗の入店率と売上増を図る「VMD Produce Service」*を本格的に開始いたしました。

VMD_interbell.png

 
インター・ベルは、スポーツブランドや高級ブランドの販売プロデュースや店舗運営と、販売プロフェッショナルのエージェンシー(派遣・紹介)事業を展開するC&Rグループ企業です。
 
これまで、 販売技術の高さや豊富な集客施策知識を持ったスタッフが店舗の運営を行う「ヒト」や「コト(仕掛け)」で、各店舗の業績を向上させる事業を展開してまいりました。
 
これらの施策に加えて、クライアントから評価を受けてきたのが、店舗を「見やすく」「分かりやすく」「買いやすく」する売り場づくりです。入店率と商品販売数をKPI(評価指標)に、独自の研修を加えて業績改善する手法は、成果が見えにくいVMDを数値で計測でき、人材育成も出来ると、各ブランドから評価を受けてまいりました。
 
この度、この実績から手法を体系化して専門チームを組成。独自の「VMD Produce Service」として、ファッション・インテリア・雑貨・化粧品販売などの店舗に提案を開始いたしました。これまでに、株式会社はるやまホールディングスの「P.S.FA川崎店」や、株式会社バロックジャパンリミテッドの「AZUL BY MOUSSY」のVMDなどを手掛けております。
 
 

インター・ベル「VMD Produce Service 」


VMD_interbell2.png 

■インター・ベル「 VMD Produce Service 」概要
 
売上を向上させる3つのVMDソリューションから構成。
(1)店舗をブランドの顔に
(2)革新的な表現で見てわかる変化を
(3)お客様の心理を追求したショップへ
 
<現場型VMD>
依頼店舗や問題店舗にインターベルVMD TEAMが入店し、売り場を整え売上不振の問題を解決。

<その他>
請負型VMD、デコレータ―・空間演出型VMD、VMDトータルコンサルティング
 
【「VMD Produce Service」へのお問い合わせ】
株式会社インター・ベル ファッションビジネス・ディビジョン 担当/落合
Tel:03-4550-0030(代表)
Email:info@interbelle.co.jp  
URL:https://www.interbelle.co.jp/vmd/
 
*VMDとは:Visual Merchandisingの略称で、商品政策(Merchandising)を視覚的(Visual)に表現する活動。日本語では、「視覚的商品政策」「視覚的商品販売戦略」などの言い方もする。
 


C&R社及びC&Rグループは、ゲーム、映像、Web、広告・出版、作家、医療、IT、会計、法曹、建築、ファッション、食、研究、舞台芸術、リサーチの15分野で、25万人超のプロフェッショナルと2万6,000社のクライアントをネットワークし、エージェント(人材サービス)、プロデュース(受託開発)、ライツマネジメント(知財活用)事業を展開しております。今後は50分野へと事業を拡大し、グループの理念である「プロフェッショナルの生涯価値の向上」と「クライアントの価値創造への貢献」の実現を加速してまいります。




 
 
この件に関するお問い合わせ

株式会社クリーク・アンド・リバー社

経営企画部 TEL:03-4550-0008

このページを印刷する