ニュースリリース

トップページ > ニュースリリース > 年度プレスリリース

年度プレスリリース

2020.05.01
株式会社クリーク・アンド・リバー社
印刷用PDF
292.9KB

メディカル・プリンシプル社が、医師・医療機関に
「新型コロナウイルス感染症:拡大防止活動基金」の助成申請を推進

当社の医療分野の子会社である株式会社メディカル・プリンシプル社(以下MP社)は、「新型コロナウイルス感染症:拡大防止活動基金(当基金)」の趣旨に賛同し、医師・医療機関に当基金への助成申請を促進いたします。
 
当基金は「新型コロナウイルス感染症:拡大防止活動基金有志の会(代表発起人:小坂健)」が主体となり、最前線で戦う医療従事者や、感染拡大防止活動を行うNPOや団体に対して助成するために4月3日(金)に設立された基金です。有志の会には感染症対策の専門家が13名所属し、支援が必要な現場・緊急性が高い現場を見極め、助成金を届けております。第1期助成採択では、助成団体は訪問看護・在宅医療など、政府の支援では資金が行き届かない医療機関など10団体が採択され総額46,297,200円の助成金振込が行われました。
 
「民間医局」を運営するMP社は、1997年の設立から「医師の生涯価値の向上」と「医療施設の価値創造への貢献」を企業理念に掲げ、約124,000人の登録会員(医師・医学生)と約13,000施設の契約医療機関に医師の紹介業を中心に各種サービスを提供しております。今回、新型コロナウイルス感染症の最前線で戦う医療機関・医療従事者の皆様に少しでもお役に立ちたいという思いから、医療機関へ当基金を紹介し、助成申請を促進することといたしました。
 
MP社では、医療機関に対するオンライン診療の導入支援や、専門医による遠隔画像診断の活用支援、医師・研修医向けに画像診断を教育するプログラム提供を行うほか、医学生・初期研修医が自宅にいながら効率よく研修病院先を情報収集・検討できるオンライン動画説明会の開催などを実施し、新型コロナウイルス感染症の拡大により、直接会う接点を持ちにくい医師・医学生・医療機関のサポートを今後も継続してまいります。
 
「新型コロナウイルス感染症:拡大防止活動基金」
▼基金ページ
 
▼助成申請について

readyfor_mp.png
 
【基金に関するお問い合わせ】
株式会社READYFOR PR室 大久保
TEL:070-6468-9961
 
当基金は、医療機関等への直接の支援、必要物資・医療用防護具・医療器具などの支援活動、新型コロナウイルスの影響を受ける子どもたち等への支援活動、新型コロナウイルスに関わる研究・開発費用等の支援を必要としている活動に対して迅速な支援を行います。また緊急性などに鑑み、クラウドファンディングサービス「READYFOR」を活用し、広く支援を受け付けており、11,000人以上から2.4億円以上の寄附金が集まっています(2020年4月27日時点)。寄附金募集と同時に助成申請も受け付けており、4期に渡る助成を予定しています。
 
【本件に関するお問い合わせ】
株式会社メディカル・プリンシプル社 広報広告室
TEL:03-4565-6100
FAX:03-4565-6102
この件に関するお問い合わせ

株式会社クリーク・アンド・リバー社

経営企画部 TEL:03-4550-0008

このページを印刷する