ニュースリリース

トップページ > ニュースリリース > 年度プレスリリース

年度プレスリリース

2021.03.15
株式会社クリーク・アンド・リバー社
印刷用PDF
284.6KB

総合設備エンジニアリング企業 株式会社きんでんとの取り組み 第3弾
「VR教育ツール ナイフの使い方 切創災害コンテンツ」を共同開発
~素手でVR空間にあるものを操作~

株式会社クリーク・アンド・リバー社(以下C&R社)は、総合設備工事のリーディングカンパニーである株式会社きんでんと共同で、ナイフ使用時の危険性や誤った使い方による災害リスクをVR(仮想現実)空間内で体験できる「VR教育ツール ナイフの使い方 切創災害コンテンツ」を開発いたしました。本コンテンツは、「VR電力量計アーク災害体感教育ツール」「VR高所作業車逸走災害体感教育ツール」に続く、3つ目のコンテンツとなり、C&R社がVRアプリケーションシステムを開発し、きんでんが教育シナリオの構築・監修を担当しております。
 
本コンテンツは、きんでん社内の労働災害の防止ならびに高品質な工事施工の実施を目的に開発いたしました。コントローラーが必要だった従来のコンテンツとは異なり、素手でVR空間にあるものを操作できるハンドトラッキング機能(ジェスチャーコントロール機能)を用いており、VRゴーグルを被りながら自身の手先を動かすことにより、VR空間内で手先の細やかな動きを再現することができます。正しいナイフの角度でのみ電線が剥ける設計となっており、ナイフが手に当たると切創災害が発生します。実際のダミーナイフと電線を持ちながら体験することも可能です。
 

「VR教育ツール ナイフの使い方 切創災害コンテンツ」


 

kinden.jpg

使用風景

【開発の背景】
きんでんは一昨年より、経験の浅い施工系社員の危険感受性を向上させることを目的として、受講者が容易に利用可能な可搬型のVR技術を用いた教育ツールの開発をC&R社と行っており、これまでのVR教育ツールにおける教育効果を確認できたことから、第3弾のコンテンツについて検討を行いました。その結果、特に若年層において災害が多く発生している、ナイフの使い方および切創災害を取り上げることにいたしました。ナイフ使用時の危険性や誤った使い方による災害リスクを体感し、危険感受性を高めるための有効なツールの一つとして安全教育での活用が期待できます。
 
【本教育ツールの特徴】
・素手でVR空間にあるものを操作できるハンドトラッキング機能を使用
・VR空間内で自身が手先を動かすことにより、手先の細やかな動きが再現可能
・利き腕ならびにナイフの持ち方が選択可能
・機器の設置・設定作業が容易
・運搬が容易
・新規コンテンツの追加が容易
 
【本教育ツールのハードウェア仕様】
VRゴーグル Oculus Quest
・ディスプレイ 縦1440×横1600ドット、有機ELディスプレイ
・メモリ容量 64GB
・トラッキング 6DoF
・本体重量 571g
・利用者が見ている映像をディスプレイなどで映すことが可能(ミラーリング機能)
※Oculus Quest2でも動作確認済
 
 

 

C&R社は、日本有数のXRソリューション・プロデュース企業です。2016年よりXR(VR・AR・MR)事業をスタートし、ハード販売からコンテンツ開発、プロフェッショナルの紹介やコンサルティングまでを一気通貫で手掛けており、これまでの法人向けXR関連サービスの取引件数は4,000件超にまで拡大しております。C&R社は今後も体験革命時代のビジネスパートナーとして、様々な業界の災害や課題に対してXR技術を活用したソリューションを提供し、企業の価値創造に貢献するとともに、XRやAI(人工知能)事業を通じて、映像、ゲーム、Webなどのプロフェッショナルの方々の新たな活躍の場を創出してまいります。

▼C&R社 XR(VR・AR・MR)トータルソリューションはこちら
 
■株式会社きんでん 会社概要
本  社 : 大阪市北区本庄東2丁目3番41号
設  立 : 1944年8月
代 表 者 : 代表取締役社長 上坂隆勇
事業内容 : 電力供給設備、情報通信設備、ビル・工場・都市開発等におけるあらゆる設備(電気、計装、通信、空調、衛生、内装、リニューアル)の設計、施工、エンジニアリング
この件に関するお問い合わせ

株式会社クリーク・アンド・リバー社

経営企画部 TEL:03-4550-0008

このページを印刷する