ニュースリリース

トップページ > ニュースリリース > 年度プレスリリース

年度プレスリリース

2021.05.11
株式会社クリーク・アンド・リバー社
印刷用PDF
579.7KB

宮城県亘理町「WATARI TRIPLE[C] PROJECT」
若手アーティストとアスリートが復興に一役、防災から文化を創出
~C&RグループのforGIFTがプロモーション専任代理店に~

プロフェッショナル・エージェンシー事業を展開する株式会社クリーク・アンド・リバー社(以下C&R社)のグループ会社 株式会社forGIFT(以下forGIFT)は、宮城県亘理町(わたりちょう)で空白地となった沿岸部に、アーティストやアスリートの活動拠点を整備し、地域コミュニティー創出による防災と文化の創出を行う、「WATARI TRIPLE[C] PROJECT」のプロモーションを担当いたします。
 
本プロジェクトは、世界的に活躍できる人材を輩出し、さらに地域が盛り上がり、そのコミュニティ作りが防災につながることをコンセプトとしております。18~25歳のミュージシャン、アーティスト、サーファー、スケーター、クリエイター、カメラマン、クラフトマン、プロジェクトマネージャー(アーティスト・クラフトマンは18~40歳)総勢30名を募集。8月1日(日)より入居を開始する予定です。亘理町の支援を受け、株式会社ワンテーブルが総合プロデュース、 forGIFTはプロモーション専任代理店として活動いたします。
 
●forGIFT 白井代表取締役 より
「今回のプロジェクトは亘理町の方々、各ジャンルのプロフェッショナルの方々とのまちづくり、文化の共創という視点から、最も共感性の高いプロジェクトであると同時に、コミュニティ形成を経て防災を行うという非常に意義のある取り組みであると感じています。我々としても、一人でも多くの皆様が考え、行動するきっかけになるように情報を発信していきたいと思っております。多くの企業や個人の皆様に参画していただけるよう努めてまいります」。
 

「WATARI TRIPLE[C] PROJECT」 概要


 

watari.jpg

活動拠点となる東京ドーム9個分の宮城県亘理町沿岸部の様子(2021年4月現在)
■名称
「WATARI TRIPLE[C] PROJECT」(ワタリ トリプル シー プロジェクト)
※「CULTURE」「CULTIVATE」「CHALLENGE」と3つの頭文字Cのキーワードで構成。
 
■活動内容
東日本大震災で空白地となった宮城県亘理町沿岸部に、芸術やスポーツを通じて新たな文化を創造する活動拠点を整備。そこに選ばれた若きアスリート・アーティストたちが拠点を構え、地域活動に参加しながら世界に情報を発信。世界の第一線で活躍するプロデューサー陣も集結し、地域住民、地域企業、防災関連企業が連携しながら、世界で活躍するアスリート・アーティストを育成と地域コミュニティの活性化を目指す。ハードとソフトの両面からの防災による文化の創出を目的としている。
 
■活動スケジュール
募集期間 : 4月10日(土) ~ 5月10日(月) 
1次審査  : 5月11日(火) ~ 5月25日(火)
2次審査  : 5月26日(水) ~ 6月10日(木)
合格発表 : 6月下旬を想定
入居開始 : 8月1日(日)を想定
※募集要項はホームページ、又は次項を参照
 
■場所
宮城県亘理町 
沿岸部は災害危険区域に条例で指定
人口32,889人(2020年10月1日時点)
 
■プロジェクトメンバー
プロジェクト代表 : 島田昌幸(株式会社ワンテーブル代表取締役)
総合プロデューサー : 佐藤勇介(株式会社マグネット取締役)
プロジェクトアドバイザー : 増田セバスチャン(アーティスト)
プロデューサー : ジェフ宮原(音楽)、福垣慶吾ジュリアン(クラフト)、田澤悠(アート)、湯川正人(サーフィン)奥野健也(スケート)
※敬称略、詳細情報は次項以降に記載
 
▼プロジェクトサイトURL
 
 

「WATARI TRIPLE[C] PROJECT」 募集要項


 

【募集概要】
■仕事内容
街づくりをしながら夢を叶えること
 
■年齢
18~25才 (全職種共通) 
※アーティスト、クラフトマンのみ18才~40才
 
■募集人数
総勢30名
(内訳)MUSICIAN:3名/ARTIST:5名/SURFER:3名/SKATER:3名/CREATOR:4名/CAMERAMAN:3名/CRAFTMAN:1名/PROJECT MANAGER:8名
※CREATORは、デザイナー/WEB/映像編集の採用を想定しています。
※CAMERAMANは、スチール/ビデオグラファーの採用を想定しています。
 
■設備
MUSICIAN:スタジオ/ARTIST:アトリエ・ギャラリー/SURFER:サーフガレージ/SKATER:スケボーパーク/CREATOR・CAMERAMAN:ワーキングスペース/CRAFTMAN:工房
※製作や練習に必要な備品や資材等は、内容相談の上、決定いたします。
※大会や展示会・イベント参加等に係る費用は、出来る限り負担いたします。
 
【条件】
■報酬
年/240万円(税込)
 
■内容
拠点作りへの参加、街づくりに関わる施設・運営のサポート、土日の住民や子供たちのためのスクールやワークショップなどイベントへの参加
 
■住居
新御狩屋共同住居 ( 亘理町内 ) ※住民票を亘理町に移すこと
 
■契約形態
個人との業務委託契約
 
■契約期間
最長3年 ※1年毎にお互い同意の上、延長いたします。
 
 

「WATARI TRIPLE[C] PROJECT」 スタッフ紹介


 

name01_shimada_tri.png
【全体統括】 島田昌幸
株式会社ワンテーブル 代表取締役。大学在学中に教育ベンチャーを起業。2007年から国土交通省認定の観光地域プロデューサーとして活動し数々の地域プロデュースを手掛ける。企業のイベント、商品、サービスの開発、事業開発などのプロデュースも数多く手がけ、食の商業施設ATALATA、Shichi no resortのプロデュース運営を行う。2011年には日本CSR大賞準グランプリを受賞。
name02_sato_tri.png
【総合プロデュース】 佐藤勇介
株式会社マグネット取締役。1981年生まれ。北海道函館市出身。慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、制作プロダクションに入社。広告プランニング部門のマネージャーを経て、株式会社マグネットを設立。関西テレビVI改編などの広告をはじめ、スポーツ、アート、ロボットなど多岐に渡る企業・メディア・プロジェクトなどのプロデュースを担当。オランダの最先端の社会実験場として認知されている、国際的なイベントBorder Sessionsの日本招致など、ヨーロッパや中国、台湾など海外でのプロデュースも数多く行なっている。
name03_masuda_tri.png
【アドバイザー】増田セバスチャン
2017年度 文化庁文化交流使、2018年度 ニューヨーク大学(NYU Arts & Science)客員研究員、1970年生まれ。90年代より演劇、現代美術の世界で活動を始める。1995年より東京・原宿に拠点を持ち、一貫した独特な色彩感覚からアート、ファッション、エンターテインメントに渡り作品を制作。日常の中に、凝縮された非日常的な色彩を用いた作品で介入することにより、社会の中で隠され抑圧された人々の感情や、小宇宙のように広がる個々の世界観、声なき声を露わにし、世界的なムーブメントを起こしている。

 

【プロデューサー】name04_miyahara_tri.png

 

 
●音楽 ジェフ宮原
1977年ロサンゼルス生まれ、日本と韓国のハーフという多文化・多言語的なバックグラウンドを持つ。数々のNo.1ヒットと4,000万以上のCD&デジタルセールスの実績を誇り、JUJU with JAY’ED「明日がくるなら」で 2009年の日本レコード大賞・作曲賞を受賞。2013 年に自ら発掘した、クリス・ハートのトータル・プロデュース行い、その年に “輝く!日本レコード大賞” 企画賞を受賞。その他 , 少女時代、EXO、安室奈美恵、西野カナ、SMAP、三代目 J SOUL BROTHERS、ONE OK ROCK、などに楽曲提供やプロデュース。シンガポールにて音楽大学「Hitmaker Global Academy」の創業、東京スクールオブミュージッ ク&ダンス専門学校 ( 慈慶学園 ) にて「名誉教育 顧問」就任など、幅広い活動域を持つ。
name05_yukawa_tri.png
 
 
●サーフィン 湯川正人
サーフィン、ファッション、人生観あらゆるシーンで類稀なセンスを持ちカリスマ的人気を誇る湯川正人。17歳で ISA U-18 日本代表に選出され、その翌年にプロ資格を取得するが、その後のコンテストを辞退。自らのライフスタイルとエンターテイメント性の高いそのサーフィンを武器に、世界中を飛び周りプロのフリーサーファーとして多くのメディアで活躍。その後、日本アクションスポーツ連盟 JASA AWARDSにて、アクションスポーツの発展に貢献した人物に送られるSPECIAL AWARDを受賞した。そんな彼にはもう一つの顔がある。それは、個性派時計ブランドのデザイナーを7年勤め、その後、アー ティスティックディレクターとしてメゾンブランド 「MASON MAZE(メイソン・メイズ)」をローンチ。さらにクリエイティブレーベル「GODPANIC」を設立し、デザインだけではなく映像・アートディレクション、さらに企業の商品開発などの企画・プロデュースなども行う。まさに、令和の時代を率いるハイブリッドな存在である。
name06_okuno_tri.png
 
●スケート 奥野健也
高校生全国年間総合ランキング1位になった事をきっかけに、スポンサーが付き始める。2011年にKenya Okunoシグネチャーモデルの板がUnifulから市販される事となり、正式にプロスケートボーダーとして活動する。以降、スポンサー企業の広告塔として国内・海外ツアーでの写真・動画撮影、イベントでのデモンストレーション、CM・ミュージックビデオ出演 (ex. マクドナルド、UNIQLO、安室奈美恵、Def tech) 等をこなす。また、経営学修士学位であるMBAの保有者であり、宮城と東京にあるお寺の副住職という面もある。大学院入学時には勉学へ集中する為、すべてのスポンサー(12社)の契約更新をせず一度現役を引退している。しかしながら、大学院を卒業し、さらには家業の寺院継承の為の1年間の修行を終えた後に活動を再開し、Lesque skateboardsから自身として13モデル目となるシグネチャーモデルの板が発売されたことで、正式に現役復帰を果たしている。現在では、プロスケートボーダー・会社経営者・副住職と三足のわらじを履きながら精力的に活動をしている。
name07_tazawa_tri.png
●アート 田澤悠
BnA Co., Ltd. Co-Founder & CEO 宿泊型アート施設を展開するクリエイティブコレクティブ、BnAの代表。ペンシルバニア大学卒、ボストンコンサルティンググループを経て、独立。脳科学ベンチャーやインドネシアの美容院等幅広い事業の立ち上げを手がけた後、2015 年にアートホテルベンチャー BnAを創業。アートをベースに、ビジネスやデザインをかけ合わせ、新しい経済システムの構築を目指す BnA の取り組みは国内外で注目を集める。
name08_hukugaki_tri.png
 
●クラフト 福垣・慶吾・ジュリアン
BnA 株式会社 取締役 / Chief Design Officer。 Makeshift 株式会社 役員 / 旧代表取締役。Anchorstar 株式会社 社外取締役。Cal Poly San Luis Obispo 建築学科卒。建築業界における経験19年(2021年時点)。アメリカで生まれ育ち、26歳で初めて日本に住む。 建築、インテリア、家具デザイナーとして、サンフランシスコ、ウィーン、東京の世界各地での経験を経て 2013年 Makeshift 株式会社設立、2015年にBnA株式会社(Bed&Art Project)共同創業メンバーとして設立。大型の橋のデザイン、コミュニティーやサービス設計、クリエイティブディレクション、ブランデイングなど幅広い分野で動いている。

※敬称略

▼プロジェクトサイトURL
 
 
【本件に関するお問い合わせ先】
プロジェクトPR事務局(ワンテーブル 内)
メール:triplec@onetable.jp
担当:柴田(080-3418-6313)
 
 

 

C&R社およびC&Rグループ19社の事業分野は現在、映像、ゲーム、Web、広告・出版、作家、医療、IT、会計、法曹、建築、ファッション、コンピュータサイエンス、食、舞台芸術、ライフサイエンス、アスリート、アグリの18分野にまで拡大し、ネットワークするプロフェッショナルは30万人、クライアントは3万8,000社にまで成長しております。「プロフェッショナルの生涯価値の向上」と「クライアントの価値創造への貢献」をミッションとして、プロフェッショナル分野の拡大、そして、その叡智をかけ合わせ、事業クリエイティブカンパニーとして人々の幸せに貢献してまいります。



 
この件に関するお問い合わせ

株式会社クリーク・アンド・リバー社

経営企画部 TEL:03-4550-0008

このページを印刷する