ニュースリリース

トップページ > ニュースリリース > 年度プレスリリース

年度プレスリリース

2021.05.13
株式会社クリーク・アンド・リバー社
印刷用PDF
325.1KB

起業・創業支援事業「Fukushima Tech Create」
福島であなたの発想が動き出す
~「ビジネスアイデア事業化プログラム」参加者募集~

株式会社クリーク・アンド・リバー社(C&R社)は、公益財団法人福島イノベーション・コースト構想推進機構(福島イノベ機構)より、2年連続で福島イノベーション創出プラットフォーム事業「Fukushima Tech Create」内の「ビジネスアイデア事業化プログラム」の委託企業として採択されました。4月26日(月)より、福島県浜通り地域等15市町村(福島イノベ地域)での起業や事業化等をサポートする「ビジネスアイデア事業化プログラム」への参加者を募集しております。
 
福島イノベ機構は、東日本大震災および原子力災害等により産業基盤が失われた福島県浜通り地域等の復興及び再生を目的に設立された公益財団法人です。また、 「Fukushima Tech Create」は、福島イノベ地域において「起業・創業」を目指す企業や個人等を支援する事業で、(1)実績豊富な専門事業者による支援プログラム、(2)最大1,000万円の助成金、(3)行政機関・VC・金融機関・大学等の「Fukushima Tech Create サポーター」による支援の3つのエンジンにより、参加者の事業化を後押しします。
 
支援プログラムは、起業・創業ステージに応じて、(1)ビジネスアイデア事業化プログラム (2)地域未来実現プログラム (3)アクセラレーションプログラム の3つのプログラムから構成され、C&R社はこのうち「ビジネスアイデア事業化プログラム」を受託。福島イノベ地域において、「廃炉」「ロボット・ドローン」「エネルギー・環境・リサイクル」「農林水産業」「医療関連」「航空宇宙」の重点6分野での起業や事業化等の新たなチャレンジを志向する企業や個人等を、全国から募集し、「起業・創業」へ向けた支援を実施してまいります。
 
「ビジネスアイデア事業化プログラム」では、事業化のための(1)ワークショップ (2)伴走型個別メンタリング (3)ピッチイベントの登壇機会を提供いたします。新たなビジネスのアイデアや技術を活かしたい企業や個人で、「福島の復興・再生に貢献したい」「福島で起業/新規事業をしたい」「福島のシーズや資源を利用したい」等の希望をお持ちの方におすすめです。
 

「Fukushima Tech Create」 ビジネスアイデア事業化プログラム 概要


 
Fukushima_logo.png
 
■Fukushima Tech Create(FTC)とは
福島県浜通り地域等15市町村において「起業・創業」を目指す企業や個人等を3つのエンジン(専門家による支援プログラム、実現に向けた助成金、行政機関、金融機関、大学等のサポーター)参加者の事業化を後押しします。
 
■3つの支援プログラム
(1)ビジネスアイデア事業化プログラム
(2)地域未来実現プログラム
(3)アクセラレーションプログラム
 
■ビジネスアイデア事業化プログラムとは
福島イノベ地域において、重点6分野で起業や事業化を目指す企業や個人を対象に、経験豊富な専門事業者が技術シーズのブラッシュアップ等を行い、事業化に導くプログラムです。
 
■重点6分野
(1)廃炉
(2)ロボット・ドローン
(3)エネルギー・環境・リサイクル
(4)農林水産業
(5)医療関連
(6)航空宇宙
 
■福島イノベ地域(15市町村)とは
福島県の浜通り地域等に位置するいわき市、相馬市、田村市、南相馬市、川俣町、広野町、楢葉町、富岡町、川内村、大熊町、双葉町、浪江町、葛尾村、新地町及び飯舘村の15市町村。
 
■福島イノベーション・コースト構想推進機構とは
東日本大震災および原子力災害等により産業基盤が失われた福島県浜通り地域等の復興及び再生を目的に構想された国家プロジェクト「福島イノベーション・コースト構想」を推進する中核的な機関として、2017年に福島県によって設立された公益財団法人です。
 
■募集期間
2021年4月26日(月)~5月31日(月)17:00まで
 
■プログラム実施期間
2021年7月上旬~2022年1月下旬(予定)
 
■本プログラム委託企業(主催)
株式会社クリーク・アンド・リバー社
 

オンライン説明会の様子
 
▼「ビジネス事業化プログラム」の詳細・お申し込み
 
 
【本プログラムに関するお問い合わせ】
株式会社クリーク・アンド・リバー社  
「ビジネスアイデア事業化プログラム」運営事務局連絡先:innovation@hq.cri.co.jp
TEL:090-2149-7686
 
 

「Fukushima Tech Create」 ビジネスアイデア事業化プログラム 詳細


 

■「Fukushima Tech Create(FTC)」の支援内容
起業・創業ステージに応じて、 「ビジネスアイデア事業化プログラム」「地域未来実現プログラム」「アクセラレーションプログラム」の3つのプログラムで構成、いずれかに採択された方は、以下の支援を受けることができます。
 
(1)豊富な支援実績を有する専門事業者によるアイデアの具現化や事業計画のブラッシュアップなどの伴走支援(ビジネスプラン策定・マーケティング・販路開拓に関する経営アドバイス、技術的アドバイス)。
(2)試作品開発や市場調査、実証等に関する費用の助成。助成額:予算の範囲内で、複数年間で1社(者)あたり最大1,000万円まで。
(3)FTCサポーター(行政機関、金融機関、VC、大学等のイノベ地域を中心とした40を超える機関が参加)による事業化支援。
 
3つのプログラムいずれかに採択された方は、イノベーション創出イベントとして、交流会や資金調達方法等の各種勉強会、ピッチイベントに参加することができます。
 
■「ビジネスアイデア事業化プログラム」の支援内容
(1)ワークショップ
福島県、首都圏それぞれで各5回のワークショップを開催。事業計画のブラッシュアップ等を目指します。
(2)伴走型個別メンタリング
事業化支援経験豊富な担当メンターによる、プログラム期間を通じた伴走型個別メンタリングを実施します。
(3)ピッチイベント
ベンチャーキャピタルや大企業・福島イノベ地域の地元企業等に対してピッチ(事業内容の発表)を行い、資金調達や事業パートナーの確保について、呼びかける機会を提供します。
 
■プログラムのスケジュール
4月26日(月)  エントリー開始
5月31日(月)  エントリー締切 17:00まで
7月上旬      選考・採択者決定
8月~12月    ワークショップ(計5回)
2022年1月下旬 ピッチイベント(予定)
 
■ワークショップ概要
福島県・首都圏で各5回開催
 
【DAY1】起業マインドの醸成
【DAY2】技術シーズの用途仮説
【DAY3】技術シーズの仮説検証
【DAY4】ビジネスモデル概論
【DAY5】ピッチ練習
 
*開催場所による内容の違いはありません。
*ワークショップの内容は予告なく変更される場合があります。
 
■募集期間
2021年4月26日(月)~5月31日(月)17:00まで
 
■プログラム実施期間
2021年7月上旬~2022年1月下旬(予定)
 
■募集対象・応募条件
・福島イノベ地域にすでに立地している、または、 同地域に根差し将来的なビジネス展開を行う意思を有する企業及び個人等、同地域に法人格を有する団体等と連携して事業を行おうとする企業及び個人等であること。なお、本事業期間内における上記企業及び個人等の主たる活動地域が、福島イノベ地域内でなくてもよい。
・技術シーズが以下のいずれかの分野に当てはまること。廃炉、ロボット・ドローン、エネルギー・環境・リサイクル、 農林水産業、医療関連、航空宇宙(分野が不明な場合は要相談)
・期間中の全てのワークショップやピッチイベントへの参加が可能であること。
・「地域復興実用化開発等促進事業費補助金 」で採択されている場合は、採択されている事業テーマと同一のテーマで応募しないこと。
など
 
■詳細は募集要領をご確認ください。
 
【審査方法】
採択については、外部有識者を含めた採択委員会にて審査を行います。なお、審査の結果については、7月上旬までに福島イノベ機構より個別に通知予定です。
 
【応募方法】
募集要領をご確認の上、下記URLの「エントリーはこちら」から応募フォームに必要項目を記載ください。
 
■本プログラム委託企業(主催)
株式会社クリーク・アンド・リバー社
 
■パートナー企業
株式会社ツクリエ
 
 
▼本プログラムの詳細・お申し込み
 
 
【「Fukushima Tech Create」に関するお問い合わせ】
Fukushima Tech Createセンター
公益財団法人福島イノベーション・コースト構想推進機構  
産業集積部 事業創出支援課
TEL:024-581-7045
 
【ビジネスアイデア事業化プログラムに関するお問い合わせ】
株式会社クリーク・アンド・リバー社  
「ビジネスアイデア事業化プログラム」運営事務局
TEL:090-2149-7686
 
 

 

C&R社は1990年にクリエイター・エージェンシーのパイオニアとして事業をスタート。現在では、C&R社およびC&R社のグループ18社(C&Rグループ)の事業領域は、映像、ゲーム、Web、広告・出版、作家、医療、IT、法曹、会計、建築、ファッション、コンピュータサイエンス、食、舞台芸術、ライフサイエンス、アスリート、アグリの18分野にまで展開。ネットワークするプロフェッショナルは30万人、クライアントは3万8,000社にまで拡大しております。C&R社は、これらの幅広いネットワークを生かし、このたび受託した「Fukushima Tech Create」ビジネスアイデア事業化プログラム参加者に対し、事業化における手厚いサポートを提供することで、東日本大震災および原子力災害等により産業基盤が失われた福島県浜通り地域等の復興および再生に貢献するとともに、C&R社のビジョンである「人と社会の豊かさの創生」の実現にむけて、同プログラムを推進してまいります。



 
この件に関するお問い合わせ

株式会社クリーク・アンド・リバー社

経営企画部 TEL:03-4550-0008

このページを印刷する