ニュースリリース

トップページ > ニュースリリース > 年度プレスリリース

年度プレスリリース

2021.07.20
株式会社クリーク・アンド・リバー社
印刷用PDF
486.1KB

新型コロナ感染拡大のため無観客の御省略野馬追で開催
1千有余年の相馬野馬追、史上初のオンラインライブ配信
~C&R社が企画・運営・プロデュース~

株式会社クリーク・アンド・リバー社(以下C&R社)は、2021年7月24日(土)~26日(月)に福島県南相馬市周辺で開催される神事「相馬野馬追(そうまのまおい)」初の3日間ライブ配信の企画・運営・プロデュースを担当いたします。
 
本神事は昨年、コロナ禍の影響で神社への祭礼だけの「御省略野馬追(ごしょうりゃくのまおい)」として行われ、今年は2年ぶりの正式開催を目指しておりましたが、南相馬市での新型コロナウイルス感染拡大のため、昨年に引き続き「御省略野馬追」の形式での開催となります。
 
相馬野馬追は1千年以上前、相馬氏の遠祖とされる平将門が下総国小金ヶ原(現在の千葉県北西部)に放した野馬を敵兵に見立てて軍事演習に応用したことに始まったと伝えられております。その後も脈々とこの地方に受け継がれ、野馬を奉納し、相馬地方の平和と安寧を祈る神事として、怠ることなく野馬追が行われてまいりました。1978年には、国の重要無形民俗文化財に指定されております。
 
2年連続の「御省略野馬追」となりましたが、今年は、少しでも現地の雰囲気を感じていただくため、南相馬観光協会、相馬野馬追執行委員会、C&R社でプロジェクトを組成し、3日間の神事の全てを史上初めてライブ配信いたします。
 
本ライブ配信では、1日目の相馬中村神社[相馬市]から出発する「総大将出陣式」と標葉郷(しねはごう)[浪江町]のお行列、2日目の相馬太田神社[南相馬市]で行われる例大祭、最終日の相馬小高神社(南相馬市)に奉納される「野馬懸」と、全ての神事をリアルタイムで覧になれます。
 
野馬追初心者にも分かりやすい解説を交えながら、神事全てをオンライン生中継するだけでなく、事前に収録した野馬追関係者のインタビューや過去の映像も加え、皆さんに楽しんでいただける構成で、お届けいたします。
 

令和3年度 相馬野馬追・オンライン配信 概要


 

somanomaoi_main_tri.jpg

▼オンライン配信視聴は
■配信開始時間
7月24日(土)   8:15
     25日(日) 10:45
   26日(月)   8:45
 
■相馬野馬追(そうまのまおい)とは
1千年以上前、相馬氏の遠祖とされる平将門が下総国小金ヶ原(現在の千葉県北西部)に放した野馬を敵兵に見立てて軍事演習に応用したことに始まったと伝えられています。馬を追う「野馬懸」、雲雀ヶ原祭場地にて行われる「甲冑競馬」「神旗争奪戦」、騎馬武者が街を行進する「お行列」等の神事からなる毎年夏に行われる祭礼です。
 
その後、相馬重胤(しげたね)が現在の南相馬市に移ってからも、代々の領主がこの行事を伝承。野馬を奉納し、 相馬地方の平和と安寧を祈る神事として、怠ることなく野馬追が行われてきました。
 
甲冑を着けた数百騎の騎馬武者が、腰に太刀、背に旗指物をつけて力強く勇壮に野原を疾走する姿は勇猛で、現在は国の重要無形民俗文化財になっています。
 
■昨年の御省略野馬追の様子
 

  somanomaoi001.jpg

奉上祭 (相馬中村神社)

 somanomaoi002.jpg

出陣式(相馬中村神社)

  somanomaoi003.jpg

お行列 

 somanomaoi004.jpg

例大祭(相馬太田神社)

  somanomaoi005.jpg

野馬懸(相馬小高神社)

 somanomaoi006.jpg

 

▼オンライン配信視聴は

 
▼相馬野馬追執行委員会Twitter @nomaoi_official
 
 
相馬野馬追オンライン配信プロジェクト
全体統括:南相馬観光協会
撮影協力:相馬野馬追執行委員会
動画制作・配信:SpyceMedia合同会社
撮影協力:みなみそうまチャンネル
企画・運営・プロデュース:株式会社クリーク・アンド・リバー社



 
この件に関するお問い合わせ

株式会社クリーク・アンド・リバー社

経営企画部 TEL:03-4550-0008

このページを印刷する