投資家の皆さまへ

トップページ > 投資家の皆さまへ > Meet the CREEK & RIVER > コーポレートガバナンス

コーポレートガバナンス

当社のコーポレートガバナンスに対する基本的な考え方や、内部統制システムについてご紹介いたします。

コーポレートガバナンスに関する基本的な考え方

C&Rグループは、「人の能力を最大限に引き出し、人と社会の幸せのために貢献する」ことを統括理念に掲げ、企業としての社会的責任を自覚しつつ、企業価値をより一層高めるため、経営機構における監督機能を強化するとともに、透明性の確保、迅速な職務執行体制の確立を図っております。
また、コンプライアンス経営の徹底を重視し、内部統制システムの整備に努めることで、ステークホルダーから高い評価を得られ、社会から信頼される企業として、コーポレート・ガバナンスの強化に取り組んでおります。

会社の機関の内容

クリーク・アンド・リバー社は、監査役制度を採用しており、取締役会による代表取締役の職務執行状況の監督、監査役及び監査役会による監査を軸に経営監視の体制を構築しております。毎月1回開催される取締役会は、社外取締役2名を含む計6名で構成され、経営上の基本方針、意思決定及び職務執行の監督を行ない、公正な経営の実現を目指しております。また、取締役を含む執行役員で構成する執行役員会を毎月2回開催し、十分に議論を行ない、取締役会審議事項の予備的な審議の充実及び経営意思決定が的確かつ迅速に行なえる体制を確保しております。
一方、監査役会は社外監査役2名を含む計4名で構成されております。社外監査役を積極的に採用することで、経営監督機能の充実を図り、取締役の職務執行について厳正な対応を行なっております。

内部統制システムの整備

当社は取締役の善管注意義務のひとつとして、当社ならびにグループ会社全体の業務を適正かつ効率的に遂行するため、会社法および会社法施行規則に基づく内部統制システム体制の整備を以下のとおり進めています。

2名の社外取締役のアドバイスや勧告などにより、取締役会の監督機能を高め、一層の活性化を図るとともに、内部監査委員会の定期的なチェック等を通じて、違法行為の未然防止や適法性の確保に努め、経営監視機能を強化することで企業価値を高めています。

また、当社は執行役員制を導入しており、経営方針を決定する取締役会と業務執行を行う執行役員を明確に分離することにより、円滑かつ機動的な事業展開を図り、経営効率を高めています。

グループ会社全体の管理体制では、毎月1回開催の子会社取締役会に基づき、親子会社間の緊密な意思疎通や連携により、グループ全体のコンプライアンス体制の整備を推し進め、コーポレート・ガバナンスが機能するよう業務の適正化を図っています。

内部監査、及び監査役監査

当社は月1回開催する定時取締役会および必要に応じて臨時取締役会を開催しております。監査役ならびに独立性の高い社外監査役が出席して積極的に意見陳述を行うことにより重要な業務執行に関して公正な意思決定が下されるよう牽制を働かせております。

また、監査役会制度を採用し、原則として月1回定時監査役会を開催しており、当該事実の把握、取締役の業務執行状況、開示状況の監査についての機能強化を図っております。

さらに監査役会と協力し内部監査室において内部監査を実施しております。具体的には、社内プロジェクトおよびグループ企業各社が、法令、定款、社会規範、社内規程等の定めるガイドラインに従い、適正な企業活動を行っているか、業務フローにおいて適正な牽制が働いているか否かを、書類の閲覧および実地調査しております。

その他

危機の未然防止や不測の事態が発生した場合において適正な対応をするために、「危機管理規程」等により組織横断的なリスク管理体制の整備を進めています。

get ADOBE READER

PDFファイルを閲覧するには、 Adobe Reader ®が必要です。
Adobe Reader はアドビシステムズ社より無料で配布されています。