投資家の皆さまへ

社長メッセージ

第29期(2019年2月期)は、各事業分野において業績が順調に拡大し、過去最高の売上高を達成いたしました。これもひとえに、株主の皆さまをはじめ、関係者の皆さまの温かいご支援の賜物と心より感謝申し上げます。

 2019年5月、新元号「令和」の時代が始まりました。1990年(平成2年)に創業したクリーク・アンド・リバー社は、文字通り平成とともに歩んでまいりました。その道は決して平坦ではありませんでしたが、創業以来30年、一貫して「プロフェッショナルの生涯価値の向上」と「クライアントの価値創造への貢献」を目指して挑戦を続け、着実に成長を遂げてまいりました。

 新たな時代を迎え、世の中の動向や人の価値観は大きく変わりはじめます。そのような時こそ、成長の大きなチャンスと私たちは捉えています。人の価値観が変われば、世の中のニーズも変わり、その変化に対して私たちは、新たなサービスやアイデアを次々と創造していきます。

 創業時に7名のプロフェッショナルから始まった叡智のネットワークは、今や25万人超に成長。その領域は、映像、ゲーム、Web、広告・出版、作家、医療、IT、法曹、会計、建築、ファッション、食、研究、舞台芸術、リサーチの15分野にまで拡大しました。これらのプロフェッショナルの叡智を、分野の枠を超えて融合し活かすことができれば、これからの時代に求められる新たな価値を無限に創り出すことができます。それが、今後の成長の礎となり、より豊かな社会の形成へと繋がります。

 新社屋にC&Rグループが結集した今期、こうしたシナジーによる価値創造への挑戦を加速させます。新たなステージで、未来を、世界を変えていくために前進を続けるC&Rグループに、今後もどうぞご期待ください。

代表取締役社長 井川 幸広