↑
環境

環境

環境方針

C&Rグループは、グループ統括理念である「人の能力は、無限の可能性を秘めています。私たちはその能力を最大限に引き出し、人と社会の幸せのために貢献します。」に基づき、事業活動で生じる環境負荷の低減に向けた取り組みを行うとともに、持続可能な社会の実現に向けた責務を果たすための指針として、環境方針を以下のとおり定めます。

1. 事業活動を通じた環境問題への貢献

事業活動を通じ、地球環境問題解決への貢献に努めます。

2. 環境負荷低減活動の取り組み

持続可能な社会を実現するため、事業活動による環境への影響を正しく認識・評価しながら環境に配慮した活動を行うとともに、省エネルギー・省資源、廃棄物削減等についても積極的に推進し、環境負荷低減活動に取り組みます。

3. 環境コンプライアンス遵守

環境関連法規、条例等の規制、環境に関する国内外の法令・規制等を遵守します。また、事業活動における環境への影響を考慮し、誠意を持った行動に努めます。

4. 多様で豊かな生態系の保全と再生

C&Rグループは、事業活動における生態系に及ぼす影響に配慮し、生物多様性の保全と再生の取り組みを推進します。

5. 環境教育と啓発活動

C&Rグループは本方針を全役職員に周知徹底するとともに、環境教育や啓発活動を通じて一人ひとりが環境に対して意識的に行動するための基盤を醸成します。

6. 情報開示とコミュニケーション

本方針の内容、C&Rグループの環境保全活動について、ステークホルダーへの情報開示と積極的なコミュニケーションにより、相互理解と協力関係の強化に努めます。

環境マネジメントシステム

C&Rグループでは「環境方針」に基づき、事業活動で生じる環境負荷の低減、生態系の保全と再生の推進に向けた取り組みを効果的に実施するため、C&Rグループ独自の環境マネジメントシステム(EMS)を構築し、PDCAによる継続的な改善に取り組んでいます。

※当社グループでISO14001等の環境マネジメントシステムの認証を受けている事業所はありません。

【 計画(Plan)】サステナビリティ推進委員・総務部門

  ・環境マネジメントプログラムの立案

     -環境への取り組みの現状分析
     -環境への取り組みに関するKPIの設定

  ・環境に関する方針・施策の立案

  ・気候変動のリスクと機会の管理

【 実行(Do)】各事業部門・グループ会社

  ・環境に配慮した事業活動の推進

  ・多様で豊かな生態系の保全と再生の推進

  ・取引先を含むステークホルダーとの環境への取り組みの連携

【 確認(Check)】サステナビリティ委員会

  ・環境マネジメントシステムの監査

     -環境に関する取り組みの確認と評価
     -環境に関するKPIの進捗・実績の評価

  ・環境に関する方針・施策の決定

  ・気候変動の事業への影響の評価・戦略への反映

【 改善(Action)】取締役会

  ・環境に関する取り組みの監督/改善の指示



環境方針

気候変動への対応

TCFDの対応

クリーク・アンド・リバー社は、2021年4月に、TCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)による提言への賛同を表明するとともに、同提言に賛同する企業や金融機関等からなるTCFDコンソーシアムに加入いたしました。TCFDによる提言に基づき、気候関連のリスクと事業機会について分析を進め、事業戦略への影響を把握し対策を検討するとともに、質と量の情報開示の充実に取り組んでまいります。

本社ビル 再生可能エネルギー電力の導入

クリーク・アンド・リバー社 本社が入居する新虎通りCOREでは、2023年1月より、100%再生可能エネルギー電力への切替えがなされました。これにより、クリーク・アンド・リバー社 本社で使用する電力は、100%再生可能エネルギー化されます。

デマンドレスポンスによる節電

クリーク・アンド・リバー社は、本社が入居する新虎通りCOREにおいて、社会要請である「節電」への対応としてビルが実施する制御「デマンドレスポンス制御」に協力をしております。本制御は、ビルの「節電(ピーク電力・熱の抑制)」 を実現することを目的にしたもので、テナント専有部内において夏季や冬季の電力および熱需要が高まる時期に、執務室の室内環境の快適性を維持しつつ、効率的に空調を制御するものです。ビル全体の中、テナント専有部内で使用するエネルギー割合が比較的大きいため、ビルとテナントが一体となり協力することでより効果的な「節電」に貢献しております。また本制御を期間中継続的に実施することにより、省エネにも一定の効果があります。

省エネルギーに向けた取り組み

カジュアル及びオフィスカジュアルを推奨し、エアコンの設定温度を夏季は高めに、冬季は低めに設定しております。また、エリア毎の照明設定やこまめなスイッチオフ、執務スペース毎の空調温度の調節、新型の複合機導入等の施策を実施しております。また、C&Rグループでは、事業を通じて環境負荷低減に取り組んでいます。積極的なDX化などを通じて、紙使用量の削減など資源の保全に努めています。

循環型社会への取り組み

C&R社をはじめとする、C&Rグループ各社が入居する新虎通りCOREでは、ビル管理会社と協力し廃棄物排出量の削減に積極的に取り組んでいます。ビルでの省資源・廃棄物の発生抑制、資源の循環利用・再生利用、再生可能資源の利活用を目的として、ゴミを16種類に分別するルールにのっとり、それぞれ分別して捨てられるゴミ箱を執務室内に設置しています。分別されたゴミはビル管理会社にて計量し、排出量やリサイクル率がまとめられています。従業員へ分別方法の周知、リサイクル率の共有は適時、総務部門より情報展開を行い、当取り組みの推進をはかっております。分別・回収された紙類およびプラスチックは100%リサイクルなど(熱回収含む)されており、3R活動(リデュース・リユース・リサイクル)を推進し、資源を有効活用することで環境負荷の低減に努めています。

2022年2月期
2023年2月期
全リサイクル率(%)
62
76
紙リサイクル率(%)
44
71

屋上緑化の取り組み

クリーク・アンド・リバー社 本社が入居する、新虎通りCOREの屋上は、屋上緑化を行っております。緑化土壌の断熱作用や植物自体が日射を遮ることによる、屋内の温度上昇抑制や省エネ効果だけでなく、植物の蒸散作用によって屋外空間の温度上昇を緩和します。また、本物件の緑地が周囲の緑地と緑地の間を繋ぎネットワークを築くことで、周辺の生物多様性に貢献する効果もあると考えられます。


屋上緑化